【2月の歳時記】節分とは?由来や豆まきの意味、豆まきのやり方、鬼のルーツについても紹介します

節分は、お正月やクリスマスについで堂々3位の人気行事です。歴史も古く、格式をもつ行事ですが、人気の秘密は違う所にあるようです。今回はこの節分の由来、鬼の意味、豆まきの仕方についてもご紹介します。

スポンサーリンク

節分とは

節分1

「節分」という言葉は、本来「季節の分かれ目」であるということを意味しています。

季節には春夏秋冬という四季がありますが、それぞれの季節の分かれ目、つまり

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日は、全て節分でした。

その中でも、全てのものが生まれ出る「春」という季節は、新しい年の始まりということもあり特に重要視され、

節分というと、春の節分を指すようになりました。

節分には豆まきを行います。

これは季節の変わり目に起こりがちな、災害や病気などを鬼に見立て、それを追い払う儀式です。

節分の由来

節分2

豆まきの風習は、日本では室町時代に始まったもので、中国で伝わった悪気邪鬼を追い払う「追儺(ついな)の儀式」に由来しています。

不幸や悪疫を邪鬼の仕業と考えた古代において、新しい年を迎えるには、そのような邪悪なものを追い払う必要がありました。

このような背景から、古代中国ではすでに紀元前3世紀に、悪気邪鬼を追い払うため、鬼の面をかぶった人を、桃の木で作った弓矢で射って追い払う「追儺の儀式」が行われていました。

そして日本でも、文武天皇の慶雲3年(706年)に疫病が流行し、百姓が大勢亡くなったことで、この「追儺の儀式」を行ったことが知られています。

こうして宮中の行事が民間でも次第に行われるようになったのは江戸時代です。

そして文徳天皇(850年代)の頃より、「節分」として行事化し、お寺や神社でも行われるようになりました。

スポンサーリンク

豆まきの由来

節分3

日本ではなぜ、鬼退治に「豆」が登場したのでしょうか。

それは日本にもともとあった穀物への信仰、「穀物には『生命力』『魔除けの力』がある」と考えられていたため、豆を使った鬼退治につながったものといわれています。

そしてこんな説話があります。

昔、鞍馬の山奥に、人々を苦しめる二頭の鬼が住んでいました。

あるとき毘沙門天(びしゃもんてん)が現れ、7人の賢者を集め、「3合3斗(約600L)の炒り大豆で鬼の目を打て」と命じたという話です。

豆まきは、疫病や陰気、災害は鬼にたとえられ、大豆で鬼の目を打つので「まめ=魔目」であるといわれ、また「魔を滅する」に通じるともいわれています。

伝統的な豆まきのやり方

地域によってやり方は違いますが、古来から伝わる一般的な豆まきのやり方を解説します。

日時は?

節分の日の夜に行います。

準備は?

豆まきを行う前日までに、大豆を煎って一升枡に入れ、神棚に供え、一家の主人から順番に礼拝をすませます。これを節分の日の夜まで供えておきます。

こうすることで煎り豆は「福豆」になります。

誰がまくの?

豆まきを行うのは一家の主人や長男の仕事です。厄年の人が行う場合もありますが、家族全員で行っても問題はありません。

豆まき本番

枡に入れた豆を、家族が戸や障子を開けたときに、大声で「福は内、鬼は外!」と叫びながらまきます。

まきかたは、下からほおるのが決まりになっています。
「農作業で畑に豆をまくしぐさ」を表し、農民たちの豊作を願う気持ちが込められているといわれています。

豆をまいたあとは、素早く戸や障子を音高く閉め、二度と鬼が入ってこないようにします。

一番奥の部屋から順番に豆まきを行い、最後は玄関にまいて終了です。

豆まきが終わったら

豆まきの豆は、当日の夜に自分の年齢より1つ多く食べます。

これは、翌日の立春で1つ歳を重ねるので、来年のぶんも食べておく、というわけです。

豆を食べるのは「まめ(健康)になるように」という意味の語呂合わせからきています。
食べることで邪気を追い払い、病に勝つ力がつくと考えられています。

このように、豆まきはとても素朴な害悪除去で、それぞれの地域で色豊かに行われます。

スポンサーリンク

節分の憎まれ役「鬼」のルーツ

節分に欠かせない憎まれ役として登場する「鬼」とは何でしょうか。

鬼は本当にいるの?

現代の日本においては、幽霊の存在は信じる人は多いですね。

しかし鬼の存在を信じる人は非常に少ないのではないでしょうか。

これは諸説ありますが、「鬼」という存在は確かにあるといえます。

これは悪霊の一種であると考えていただければよいかと思います。

「鬼」という日本語は「陰(おん)」に由来しています。

「陰」とは病気や災害など目に見えない邪気をさし、そんな恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていました。

「鬼」は陰陽道に基づいた思想で、「陰(いん)」=マイナスの気が極端に集まったものです。

鬼とは「陰」

陰陽説とは、この世に存在する全てのものは、すべて「陰(いん)」「陽(よう)」から成り立っているという二元論です。

今でいうと「プラス」と「マイナス」と言い換えてもいいかもしれませんね。

この「陰」「陽」という対のかたちで世界ができていて、交互に消長をくりかえしながら新たに発展を生んでいくという考え方です。

たとえば、太陽は陽で月は陰、奇数が陽で偶数が陰、表が陽で裏が陰という具合です。

年の始まりに、家の隅々から鬼を追い出す豆まきですが、陰とはもともと、冬の寒さであり、病気であり、貧しさであり、

すなわち「人に災いをもたらす、目に見えないもの」であって、そのシンボルが鬼だったのです。

鬼はなんであんな姿なの?

わたしたちの知る鬼とは、人間の生活をおびやかす空想上の怪物ですね。

しかし前途でも解説したように、「鬼」とは病気や災害などのことで、最初は目に見えない陰性のものでした。

それが時を経て具現化され、目に見えるもの、恐ろしい怪物のイメージが定着していきました。

風水の基礎となった陰陽五行説では、東北方向(丑寅(うしとら)の方角)を鬼門(きもん)と呼び、もっとも縁起の悪い場所として忌み嫌われていました。

鬼門に鬼の棲家があるという五行説の発想から、鬼は、牛と虎の特徴を背負わされました。

つまり、「牛」のような角、「虎」の大きな牙、「虎」の皮のふんどしです。

五行説によって生まれた鬼のイメージから時を経て、わたしたちのお馴染みの、あの独特な鬼のスタイルが定着していったのです。

スポンサーリンク

豆まき以外に何やるの?

節分の定番は豆まきですが、それ以外でも様々な行事がありますが、有名なもの2つを紹介します。

恵方巻き

節分恵方巻き

現代で人気なのはやはり「恵方巻き」ですね。

その年の良い方角(恵方)に向かって願いごとをしながら、太巻きを丸ごと一本無言でかぶりつきます。

恵方巻きは七福にちなんで、7つの具を入れて巻くのが基本です。

もともと関西地方で、商売繁盛を願い「丸かぶり寿司」とも呼ばれお馴染みでしたが、近年では、業界の努力の賜物か、マスメディアの影響によるものか、日本中で恵方巻きを食べる人が増えてきましたね。

クリスマスケーキと同様、帰宅時に恵方巻きを手に下げて歩くサラリーマンの姿が多く見られるようになりました。

柊鰯

節分柊鰯

柊鰯(ひいらぎいわし)とは、いわしの頭などを焼いてヒイラギの枝に挿し、それを門や家の軒下に飾るものです。

ヒイラギの鋭いトゲは鬼の目を刺すといわれ、いわしは臭いを嫌がって鬼が来ないといわれています。

地域によっては、ヒイラギにニンニクやネギを添えたりします。その臭みで邪気を退治するのです。

柊鰯の習慣は最近では少なくなりましたが、節分の献立にいわしを食べる「節分いわし」の習慣は今も広く残されています。

スポンサーリンク

節分が人気の秘密

節分4
出典;https://straightpress.jp

なんといっても節分が人気行事として行われるのは、伝統や格式のなかにも現代的な遊び要素があり、自由に演出されているからではないでしょうか。

小さな子供のいる家庭では、サプライズで鬼を登場させたり、オリジナルの恵方巻きをみんなで作ったり、鬼のお面を吊るして的当てなど、日常とは違う遊び心が感じられます。

豆を食べたがらない子供の家では、豆の代わりにチョコレートをまくという家庭もあるそうで、楽しい行事としての工夫があることがわかりますね。

また楽しいだけではなく、「今年も家族に福が来ますように」と、家族の無事や健康を願う優しい気持ちが、日本人の心にある信仰心とも結びついていますね。

こうして子供の頃の行った行事への愛着が、この節分行事を支える力となっているのです。

楽しみ方はそれぞれですが、どの世代にも愛され、続けられる根強い人気はこのあたりにあるようです。

子供と考えたい鬼退治

小さなお子さんのいる家庭では、毎年恒例で自宅で豆まきを行うこともあると思います。

子供にとって「鬼」は怖い存在であり、子供の教育に一役かってきたかと思います。しかし、ただ怖がらせるだけでは何も生まれません。

前途で解説しましたが、鬼は人に災いをもたらす、目に見えないものでした。

そして今わたしたちが追い出すべき鬼は、わたしたちの心の中にも住んでいます。

お子さんが抱えている心の鬼は何でしょうか。本当は良い子になりたいのに、どんな心がそれを邪魔しているのでしょう。

お子さんと話し合い、そして一緒になって、「鬼は外!」と心の鬼を追いはらいましょう。

スポンサーリンク

まとめ

豆まきは、家の災いを払っていくうえでも大切な意味があり、改めて節分の奥深さを感じますね。

今年の節分はぜひ、景気よく豆まきをしてみてはいかがでしょうか。