【工場見学】キユーピー五霞工場の予約方法!時間・休業日やお土産について詳しく紹介します

新鮮なサラダバー付きの工場見学!「キユーピー」に見学に行きませんか?工場の内容や、時間・料金・アクセス方法などについて調べました。

スポンサーリンク

キユーピー五霞工場「オープンキッチン」とは?

キューピー五霞工場
出典;キユーピー

よく レストランなどで、客席から調理場が見られるようになっている作りを見たことがあると思います。あれを「オープンキッチン」といいます。

キユーピーでは見学コースの名称をオープンキッチンと名付け、五霞(ごか)工場では、マヨネーズとドレッシングの生産ラインを全て見学することができます。

五霞工場の敷地面積は、東京ドームおよそ7個分!

キユーピー五霞工場は東日本の主力工場で、見学内容も充実しています。ぜひ行ってみたいですね。

キユーピーマヨネーズの歴史

マヨネーズ

キユーピーマヨネーズが誕生したのは、大正14年3月です。この頃はまだマヨネーズというものが一般的に馴染みがなく、価格も高値だったため、昭和初期までほとんど売れませんでした。当時は容器がビンだったこともあり、髪に塗るポマードと間違えられてしまう始末だったそうです。

それ以来様々な改良を重ね、徐々に家庭の定番調味料になっていった昭和31年には、工場に卵割り機を導入しました。それまで手割り作業だったものが、ついに機械での生産が始まったのです。

生産効率が劇的に改善されるなど、キユーピーの長い年月の努力により、キユーピーマヨネーズは現在も高い人気をもつロングセラー商品となっていますね。

工場の予約方法・見学時間・休業日など

キユーピー五霞工場のオープンキッチンは、予約制で、見学時間やお休みの日もあるので、注意が必要です。

見学するための簡単な情報をまとめました。

キユーピー五霞工場オープンキッチン
見学時間 9:30~、10:30~、13:30~
所要時間 1時間30分(見学時間の15分前までに来場してほしいそうです)
休業日
  • 土曜日・日曜日
  • 祝日(不定休)
  • 工場の指定休日

営業カレンダーはこちら

見学受入人数 1名~30名(30名以上は応相談)
入館料 無料
住所 茨城県猿島郡五霞町小手指1800
マップ
予約方法 14名以下:こちらの公式HPから予約

15名以上:0280-84-3925(受付時間 9:00~11:30、13:00~16:00)土日・祝日の休業日を除く

公式HP キユーピー

見学コースの内容は?

さて、気になる見学コースですが、行ってからのお楽しみがなくなってしまわないよう、流れと雰囲気だけ解説していきます。

①ビデオ上映

生産ラインを見学する前に、案内スタッフによる工場説明のあと、映像でキユーピーの歴史やマヨネーズの作り方などを学びます。

映像にはキユーピーちゃんが現れ、クイズも取り入れたりしながら、子供も飽きずに楽しめる内容になっています。

上映時間15分です。

それからは案内スタッフが、見学コースに沿って製造工程を説明してくれるので一緒に歩きます。

②生産ラインを見学

ここで見どころともいえる、キユーピー自慢の「高速割卵機」見ることができます。1分間に600個の卵を割り、一瞬にして気味・白身・殻を分けていく工程です。

あまりの速さで目が追い付かないので・・・案内スタッフが実際に使用している機械の一部を使ってわかりやすく説明してくれます。

この工程はテレビでも紹介されたことから、これを見る目的で来る見学者がたくさんいるそうです。

そして工場内のあらゆるところにある「隠れキユーピー探し」で子供が楽しめるような工夫もされていますよ。

③環境コーナー

大量に出る卵の殻は、100%再資源化しているそうです。その驚きの行き先を教えてくれます。キユーピーの環境への思いを知るコーナーになっています。

④サラダの試食会

みんなのお楽しみ、サラダの試食タイムです。

レストランにもあるようなサラダバーのようになっていて、五霞工場で作っている様々なマヨネーズやドレッシングがズラリと並んでいるので、好きなものを選んで、サラダにかけて食べられます。

おかわり自由です!ドレッシング全部試そうものなら、いくらおかわりしても足りないぐらいです。スーパーに売っていないドレッシングもあるので、どんどん試してみましょう。

質問があったら案内スタッフに投げかけると、答えてくれますよ。

(最後にお土産が配られますが、お土産の内容については後半で紹介します)

お疲れ様でした!

では、見学後にぜひ立ち寄りたいショップコーナーをご紹介します。

スポンサーリンク

見学後のおたのしみ

ショップコーナー

サラダの試食会場には、ショップコーナーも併設されています。

試食したドレッシング、キユーピー商品はもちろんのこと、オリジナルグッズも販売されていて、レアなキユーピーちゃんグッズもあります。

スーパーには売っていないものもあって、中にはスーパーよりも安いものがあるので、ぜひチェックしてみて下さい!

お土産とは?

見学終了後に、「お土産」がもらえます。

それも人数分(家族で行ったら家族の人数分)いただけるのですから、入場無料なのにお得で嬉しいお土産ですね!

中身は公式に公表されていないのですが、中身はその日や時期によって違うようです。

さらに大人向けと子供向けがあってそれぞれ中身が違い、子供用にはキユーピー人形も入っているそうです。

大人用の例を挙げると

  • ドレッシング(種類はおたのしみ)
  • タルタルソース、またはあえるパスタソースなど・・

子供用の例を挙げると

  • トーストに塗るソース(種類はおたのしみ)
  • ミニマヨネーズ
  • キユーピー人形

このような報告が多かったです。

日によっては、この他にも何か入っている場合もあって、そんなときはラッキーですね!

普段の食卓で使うモノなので、無料でこんなにもらえて本当に嬉しいですね!

アクセス・駐車場について

電車の場合

東武日光線「南栗橋駅」東口で下車し、徒歩20分で到着します。

キユーピーマップ

クリックで拡大

車の場合

  • 東北自動車道「加須IC」または「久喜IC」から約20分です。
  • 圏央道「五霞IC」から約10分です。

カーナビで電話番号検索する場合は「0280-84-3111」で入力してください。

専用駐車場の収容台数は、普通車23台、大型バス2台です。(無料)

ちょっとトリビア

キユーピーの「」は、大文字の「」です。その昔新聞に載せるときに読みやすいからという理由から、そうなったそうです。

ホットケーキを作る時、キユーピーマヨネーズを入れて焼くと、ふんわりサクッと仕上がるそうですよ!
ホットケーキミックス150gに対し、マヨネーズ大匙1.5だそうです。試してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

無料で見学できて、食べ放題の試食ができて、お土産がもらえる!

こんなに特典のついた工場見学ですから、大人も子供もきっと楽しい思い出になると思います。是非お出かけしてみて下さい。