ダウンジャケットの洗い方!意外と簡単。自宅の洗濯機で洗うためのコツを紹介

ダウンジャケットはどうやって洗っていますか?

クリーニング店に持っていくと、結構なお金がかかってビックリしますよね。

だからといってそのまま来年まで保管すると、カビやダニなどの虫食い、変色の原因になってしまう可能性があります。

そこで今回は、自宅でダウンジャケットを上手に洗濯するコツをご紹介します。

スポンサーリンク

ダウンジャケットは自宅で洗えるかチェックしよう!

ダウンジャケット

ダウンジャケットは自宅で洗えます。

ただし中には、洗えないものもあります。

それを見極める、2つのポイントをチェックしていきましょう。

①素材をチェック

まずお手元のダウンジャケットの「素材」は何ですか?

レザーフェイクレザーの素材のダウンジャケットは洗濯できません

ロゴ部分や、ファスナー部分だけにでもレザーが使われていないか、見てみて下さい。

また、ウール素材のダウンジャケットも、洗うと縮んでしまう可能性がありますので、クリーニング店に出すことが賢明です。

②洗濯表示をチェック

お手元のダウンジャケットの、洗濯表示をご覧ください。

洗濯表示マーク

たらい(洗い桶)マークたらいに手を入れているマークがあれば、OKです。

一番下の洗濯禁止のマークでしたら、残念ですがあきらめましょう。

スポンサーリンク

ダウンジャケットを洗おう【手洗い編】

水と手

ダウンは水に浮きます。

ですから、きちんと洗うならやはり洗濯機より「手洗い」がベストです。

この項では、実際に手洗いする手順に沿って、解説していきます。

①洗う前に形を整える

洗濯表示を確認し、OKでしたら早速始めましょう。

ジャケットの前ファスナーやボタンを閉じて下さい。

そして形を整えて、軽く折りたたみます。

②中性洗剤を用意する

風合いや型崩れを防止するため、中性洗剤をご用意ください。

なぜならダウンというのは、一般的な洗濯用洗剤を使ってしまうと羽毛の脂を分解してしまうため、劣化させてしまうリスクがあるためです。

中性洗剤は、ドラッグストアやスーパーなどで「おしゃれ着用洗剤」といった名前で販売されています。

中性洗剤を使って、汚れを落としながら、ダウンの復元力もアップさせましょう。

③洗浄液をつくる

バスタブ、洗濯槽、洗面台などに、ダウンジャケットを洗うための洗浄液をつくりましょう。

ダウンジャケットが浸かる程度に、30℃くらいのぬるま湯をはります。

そこに中性洗剤を表示の指示どおりに入れ、適度な濃度の洗浄液を作ります。

④ダウンジャケットを入れる

ダウンジャケットを洗浄液に浸します。

そっと押しながら、全体に染みこむように押し洗いします。

回数は40回程度、ゆっくり少しずつ、押し洗いを繰り返して下さい。

⑤水を変える

きれいな水に変えて、同じように押して中に入った洗剤液を洗い落とします。

2~3回ほど水を変え、濁りが消えて泡が立たなくなってきたら終わりです。

何度も水を変えるのが大変であれば、シャワーを使って洗い流すのもおすすめです。

⑥水分をとる

洗い終わったら、軽く押しながら水を抜きますが、このとき強く押したり絞ったりしてはいけません。

大きめなバスタオルを広げ、そこに洗ったダウンジャケットをのせ、偏ったダウンを直して平均化させます

バスタオルで優しくはさむようにして、できるだけ水分を取り去りましょう。

最後にまた乾いたバスタオルをしき、ダウンジャケットをのせて半乾きさせます。

⑦風通しの良い日かげで干す

ダウンジャケットの水分がある程度抜けて軽くなったら、ハンガーに吊るして、風通しの良い日かげ、または室内干しをします。

表面が乾いて見えても、中のダウンまでなかなか完全に乾いていない場合が多いですので、2~3日は干しておくことが賢明です。

スポンサーリンク

ダウンジャケットを洗おう【洗濯機編】

洗濯機と女性

洗濯機には、ドライモードとか手洗いモードがついていませんか?

せっかくの機能があるのですから、洗濯機でもチャレンジしたいですね。

この項では、実際に洗濯機で洗う手順に沿って、解説していきます。

①洗う前に洗濯ネットへ

洗濯表示を確認し、OKでしたら早速始めましょう。

ジャケットの前ファスナーやボタンを閉じて下さい。

そして軽く折りたたみ、洗濯ネットに入れます。

さらにその洗濯ネットごと、バスタオルで包んで下さい

こうすることでダウンジャケットが浮かなくなり、水を含みやすくなります。

②中性洗剤を用意する

風合いや型崩れを防止するため、中性洗剤をご用意ください。

なぜならダウンというのは、一般的な洗濯用洗剤を使ってしまうと羽毛の脂を分解してしまうため、劣化させてしまうリスクがあるためです。

中性洗剤は、ドラッグストアやスーパーなどで「おしゃれ着用洗剤」といった名前で販売されています。

中性洗剤を使って、汚れを落としながら、ダウンの復元力もアップさせましょう。

③手洗い・ドライモードで、脱水は1分以内に設定

洗濯は「手洗い」「ドライ」などの優しいモードで行います。

脱水は1分以内に設定して下さい。

水量に従って中性洗剤入れ、洗濯をスタートします。

④風通しの良い日かげで干す

洗濯槽から取り出し、中のダウンの偏りを直すようにして形を整え、ハンガーに吊るして、風通しの良い日かげ、または室内干しをします。

表面が乾いて見えても、中のダウンまでなかなか完全に乾いていない場合が多いですので、2~3日は干しておくことが賢明です。

スポンサーリンク

失敗しちゃった!ふんわりダウンに復元する方法

乾かす前に、中のダウンの偏りを直すことはとても大切です。

しかし洗った羽毛がそのまま固まってしまい、あちこちが薄くなってぺちゃんこになってしまうこともあります。

しかし、あきらめる必要はありません。

洗濯表示乾燥機禁止

まずは洗濯表示に、このような乾燥機禁止の表示がないことをご確認ください。

もう一度水に浸してダウンを濡らし、仕上げに乾燥機にかけると、ダウンがふっくらと復活します。

このとき、タオルを3回結んでボール状にしたものを3個一緒に入れると、より効果的です。

ダウンジャケットを乾燥させながらボールで叩いてあげることで、ダウンジャケットの中に空気が入り、フワフワになるのです。

乾燥時間は30分ほど、これでフワフワのダウンジャケットが復活します。

スポンサーリンク

おわりに

ダウンジャケットの洗濯のコツは、優しく丁寧に洗うことと、しっかり完全に乾かすことです。

そのポイントさえわかれば、ダウンジャケットの洗い方は意外と簡単なものです。

ぜひ今年は、自宅できれいに洗える方法をマスターして、来年の冬もこのダウンジャケットに活躍してもらいましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました