あんたがたどこさの歌詞が怖い!?その恐るべき意味を解説!

子どもの頃「あんたがったどっこさ♪」と歌いながらボールをついていた経験はおありでしょう。

しかし現在、この歌詞には怖い都市伝説が囁かれています。

あんたがたどこさ、、そこには私たちには信じることができない恐るべき裏話が潜んでいました。。

スポンサーリンク

「あんたがたどこさ」とは?

手毬

「あんたがたどこさ」とは、熊本県熊本市船場地区を舞台としたわらべ歌です。

正式な曲名は「肥後手まり唄」といいます。

女の子がボールなどをつきながら歌う、手毬てまりうたのひとつです。

スポンサーリンク

「あんたがたどこさ」の歌詞全文

あんたがたどこさ わらべうた 歌詞入り

あんたがたどこさ 肥後ひご
肥後どこさ 熊本さ
熊本どこさ 船場せんば
船場山せんばやまには狸がおってさ
それを猟師が鉄砲で撃ってさ
煮てさ 焼いてさ 食ってさ
それを木の葉でちょいとかぶ

これは、日本各地で歌われている代表的な歌詞です。

しかし地域や時代によって若干の違いがあり、バラエティに富んだものが見られるようです。

スポンサーリンク

「あんたがたどこさ」の歌詞の意味

あんたがたどこさは、関東弁で歌われています。

その歌詞の意味は以下のとおりです。

歌詞
あんたがたどこさあなたはどこから来たの?
肥後さ肥後の国だよ(現在の熊本県)
肥後どこさ肥後の国のどこ?
熊本さ熊本藩だよ
熊本どこさ熊本藩のどこ?
船場せんば船場だよ(熊本城近くの船場橋)
船場山には狸がおってさ船場山(熊本城の堀にある土塁)には狸がいて
それを猟師が鉄砲で撃ってさその狸を猟師が鉄砲で撃って
煮てさ、焼いてさ、食ってさその狸を煮て、焼いて、食って
それを木の葉でちょいとかぶ食べ終えた狸の骨などは木の葉で隠します

歌い出しから次々に、相手の出身地がどこなのかを質問していますね。

軽快なメロディーとともに、リズミカルに繰り返す面白さが「手まり唄」らしいですね!

スポンサーリンク

「あんたがたどこさ」は戊辰戦争時の兵士と子どもの問答

あんたがたどこさの歌詞のように、問いかけと答えで歌われているものを「問答歌」といいます。

あんたがたどこさについては、昔から多方面から研究がなされています。

そこでわかってきているのは、この童歌の発祥地は、熊本ではなく、埼玉県川越市とする説です。

なぜなら熊本には船場川はありますが、船場山や仙波山という地はありません。

しかし川越市には「仙波山(仙波古墳群のある周辺一帯の別名)」があり、歌詞も熊本弁ではなく、関東弁だということも根拠になっています。

そこで戊辰戦争(1868~1869年)のときに、川越藩かわごえはん(埼玉県川越市)にある川越城近くの仙波山に駐屯していた熊本藩出身の兵士と、付近の子どもたちとの問答を歌にしたと言われています。

子どもたちが兵士に、

「あんたがたはどこから来たのさ」
「肥後から」
「肥後ってどこさ」
「熊本のことさ」

と問い、答える様子が歌詞に描かれているそうです。

たしかに、歌の舞台は少なくとも肥後を知らない遠い国・・ちょうど関東あたりの話だったのかも知れませんね!

戊辰戦争とは?

江戸時代後期の幕末におこった新政府軍(薩摩藩・長州藩・土佐藩ら)と、旧幕府軍との戦いです。

新政府軍が勝ったことで、江戸幕府は終わり、明治という新たな時代が幕を開けました。

スポンサーリンク

「あんたがたどこさ」の都市伝説!本当は怖い歌詞かも

歌詞をそのまま見ると、出身地をたずねているだけのほのぼのとしたストーリーですよね。

しかし解釈によっては、驚くべき悲惨な歌詞だったという説もあるようです。

どういうことなのでしょうか?

タヌキの正体は徳川家康

徳川家康とホトトギスのイラスト

埼玉県川越市にある「仙波東照宮」という神社には、初代将軍・徳川家康が祀られています。

そもそも徳川家康は「タヌキおやじ」と陰で称されていたことはご存知でしたでしょうか?

教科書の写真などからなんとなくタヌキっぽいイメージはありますが、、

見た目だけでなく、家康が「タヌキ親父」というあだ名で呼ばれてしまう腹黒さ満載のエピソードがたくさんあります。

戊辰戦争(1868~1869年)時が発祥とされるこの童謡の歌詞は、このような解釈もされています。

船場山にはタヌキがおってさ
(仙波東照宮には家康が祀られている=徳川幕府)

それを漁師が鉄砲で撃ってさ
(それを新政府軍が徳川幕府を討つ)

煮てさ、焼いてさ、食ってさ
(煮ても焼いても食えない古狸=家康)

それを木の葉でちょいと隠せ
(その戦争に付随した数々の蛮行は、言の葉に隠せ)

つまり、明治政府軍が倒幕することを暗に意味している歌なのだと言われています。

戊辰戦争時は「徳川幕府を討つ」と公言することは難しかったため、このように歌に隠したのではないかとされています。

船場=仙波と、少しこじつけ気味でありますが、説得力のある面白い解釈ですよね!

スポンサーリンク

子どもが残酷な目に遭っている

夜の古民家の玄関

幼稚園や小学校の授業で使用するような童謡ですが、考えてみれば、タヌキが酷い目にあう、動物虐待の歌ではないかという気がしなくもないですよね。

童謡(特にわらべうた)には、けっこう残酷な内容の歌が多く、それにはいろいろな裏の意味があるとして研究がされていますが、この「あんたがたどこさ」にも色々な異説があるようです。

売られた子どもたちの会話

江戸時代(1603~1868年)、飢饉で生活が苦しくなり、親に売られてしまった子どもたちが、お互いの出身地を訪ねている様子が歌われている、という説があります。

そうだとしたら、先に売られた子が、後から売られた子に質問しているのでしょうか。哀しいですね。

人買いとは、今の概念でいえば人身売買にあたるものもあり、幕府による治安の徹底によって沈静化したように見えました。

しかし前借金により農民などを拘束し、子どもを「奉仕」に出させる行為は、近世の戦後しばらくまでは行われていたのは事実です。

現代人の私たちからみると理解しがたい話ですが、当時の事情や心情は知るよしもないですので、安易に批判していいかはわかりません。

飢餓になって人肉を食べている説

もっと恐ろしいのは、飢饉により食糧難となり、飢えた親が死んだ子どもを食べる様子を歌っている、という説もあります。

子どもがのんきに、まりついて遊んでいられないような内容ですね。

よくできた話ですが、これも決定的な証拠がないため、仮説の域を出るものではありません。

ただこれが本当なら、どうしてこんな怖ろしい歌が「わらべ歌」として残り、日本全国に伝わって現在に至るのか。

そんな想像力と好奇心をかき立ててくれるのも、わらべ歌の魅力のひとつなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

「あんたがたどこさ」の遊び方!

さあ、ちょっと怖い話から気分転換に、あんたがたどこさで遊んでみましょう!

必要な道具は「弾みやすいボール」です。

あんたがたどこさは、1人でも、複数人でも遊べます。

基本の遊び方

手まりうた「あんたがたどこさ」わらべうた 童謡 名曲 Japanese children's song | しずか先生
  1. あんたがたどこさを歌いながら、リズムに合わせてまりつきをします。
  2. 「さ」のタイミングで、片足をあげてボールをまたぎます。
  3. 最後の「ちょいとかぶせ」の「せ」のタイミングでボールを強くついて高く弾ませ、その間に一回転し、ボールをキャッチすれば成功です!

最後のキャッチする方法は、スカートのすそを覆ってしゃがみ、スカートからボールが出なければ成功、という遊び方もあります。

それ以外にも、背面キャッチにしてみたりなど、少しだけルールの難易度を上げて自由に楽しんでみて下さいね!

複数人での遊び方は?

複数人で遊ぶときは、1つのボールを回し合う方法があります。

「さ」でボールをまたがず、隣の相手に一回ボールを地面について渡すルールです。

途中でミスをすれば最初からやり直すなどして、記録に挑戦してみましょう!

複数人で遊ぶことで、隣の相手がボールを受けやすくしようとする工夫がでてきますので、思いやりの心が育まれますね。

スポンサーリンク

おわりに

「あんたがたどこさ」の歌詞の説にはさまざまなものがありました。

長い歴史の中でたくさんの人々が研究し、その真偽を追及していますが、どれも決定的な証拠がないため仮説の域を出るものはありません。

でももしかしたら、「そんな謎が秘められていたのかも知れない」と思うと、ちょっぴりとワクワクしてしまいますね!

タイトルとURLをコピーしました