2019年 鬼来迎(鬼舞い)とは?日程や開催場所は?映画賞を受賞した地獄芝居がすごい

千葉県の集落で、全国で唯一の古典的地獄劇が開かれているのをご存知ですか?なんとも不思議な一大地獄絵巻です。一体どんなお芝居なのでしょうか?今回は「鬼来迎(きらいごう)」についてご紹介します。

スポンサーリンク

鬼来迎とは?

鬼来迎1

千葉県山武郡横芝光町に、虫生(むしょう)という変わった名前の集落があります。
戸数もわずか25戸ほどの、平坦な田畑の中に農家が点在しています。

ここに、全国でも珍しい仏教劇が伝承されていて、その名も「鬼来迎(きらいごう)」といいます。

その起源は約800年前、鎌倉時代初期に始められたとされる重要無形民俗文化財で、仏教の因果応報勧善懲悪を説いている、非常に深い内容になっています。

日頃信心に浅い私たちや子供たちを論すのは難しいものですが、地獄のむごさを狂言にして見せ、亡くなった人への供養の必要性を納得させてきました。

平成25年にこの演劇のドキュメンタリー映画が制作され、

翌年には文化庁映画賞(文化記録映画部門)文化記録映画優秀賞を受賞しました。

地元虫生では「鬼舞い」と呼ばれ親しまれ続けている鬼来迎は、毎年県内外から300人以上もの見物客が訪れ、多くの人々を魅了し続けています。

2019年 鬼来迎の日程・開催時間など

今年の鬼来迎は、8/16(金)に行われます。

所要時間は1時間半ほどです。

お祭りの簡単な情報をまとめました。

鬼来迎(2019年)
日程 2019年8月16日(金) ※毎年同日
時間 おおむね15:00頃~(施餓鬼供養終了後)
開催場所 広済寺(こうさいじ)
料金 無料
住所 千葉県山武郡横芝光町虫生483
マップ
お問合せ 0479-84-1358 (社会文化課生涯学習班)
公式HP http://yokoshibahikari.jp
駐車場 あり(収容台数:約30台以上/無料 )

雨天時の場合は?

雨天決行です。お天気が不安定な場合は雨具を持って行きましょう。

鬼来迎は一度でも休むと疫病が流行るとされ、上演が続けられています。

荒天の場合は開催の判断が変わる場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

問い合わせTEL:0479-84-1358 (社会文化課生涯学習班)

スポンサーリンク

鬼来迎のあらすじとは

仏教の因果応報勧善懲悪の教えを、2つの物語で観ることができます。

1つ目は、地獄を舞台とした「大序、賽の河原、釜入れ、死出の山」の4段と、

2つ目が広済寺建立縁起のお話の「和尚道行、墓参、和尚物語」の3段です。

2つ目の広済寺建立縁起は、地獄の物語の中に後で付加されたものとみられているので、現在は演じられていません。(光町図書館でこの映像をビデオで閲覧できるそうです。)

話の中に仏教用語も出てくるので、ここではわかりやすく簡単にあらすじを解説します。

地獄の物語

地獄の物語では、地獄に堕ちて閻魔大王や鬼などに責められて苦しむ亡き者が主人公です。
亡き者だけが素顔で、他は全て仮面をつけています。

亡者になった子供たちは河原で悲しげに石を積み上げています。するとそこに黒と赤の鬼が大笑いしながら飛び出し、子供たちを連れ去ろうとします。そこへ地蔵菩薩が現れ、鬼を打ち払って救い出すというお話です。

そしてある一人の亡者が鬼に責められ、釜茹でにされ、屠殺所(とさつじょ)に追いやられるのですが、最後に観音菩薩の登場で、浄土へ成仏していくというものです。

それぞれの亡者は様々な苦難の末に、地蔵菩薩や観音菩薩の慈悲によって救われ、成仏するというお話です。

広済寺建立の物語

このお話は、現在上演していませんが、あらすじを書いておきます。

薩摩の国の僧侶、石屋(せきおく)が、生きている全てのものを迷いから救い出し、悟りの境地へと導こうと、諸国を旅していました。

そのとき虫生の町に立ち寄り、辻堂を仮寝の宿にしたところ、
「妙西(みょうさい)」という17歳の女の子の新霊が地獄の鬼たちに責められているのを夢に見たのです。

次の日、お墓参りに来た妙西のお父さん「椎名安芸守(しいなあきのかみ)」に偶然出会い、
石屋は安芸守に昨日見た嫌な夢の話をしました。

それを聞いた安芸守は、それは早世した自分の娘に違いないと驚き、領主として領民たちに悪政を強いてきたことを悔い改めるようになりました。
娘の冥福を祈って供養したいために、広済寺(こうさいじ)を建立する、というお話です。

スポンサーリンク

鬼来迎 スケジュールの流れ

鬼来迎が開催される当日のスケジュールは以下の通りです。

時間は前後しやすいので、おおよその目安としてご一読ください。

時間 イベント
15:30 舞台清め
15:40 鬼来迎保存会 会長の挨拶
15:50 疳の虫封じ
16:00 大序
16:20 賽の河原
16:40 釜入れ
16:50 死出の山
17:00 閉幕

赤の文字が演劇です。

近年は炎天下で暑さが厳しいため、疳の虫封じは、赤ちゃんの健康を考慮して演劇の前に行うことになりました。

鬼来迎の見どころは?

鬼来迎の見どころについてご紹介します。

まずは鬼来迎のお祭りの概要がわかる、紹介動画をご覧ください。

真に迫った演技

鬼来迎演技
出典;http://sanei-maintenance.seesaa.net

世にも恐ろしい鬼舞い狂言ではありますが、嬉しいことに明るい日中に演じられます。

毎年8月16日の午後、見物人は猛暑の中集まってきて腰をおろし、開演を待ちます。

緑の枝葉に囲まれた舞台で、そこに現れた独特で迫力のある鬼面がたたずむ姿は、なんとも不気味な異空間が感じられます。

演劇中はすべて「鐃鈸(にょうはち)」という仏を讃えるお寺のシンバルと、床を叩く音だけで巧妙に演出されます。

さらに、セリフといい演技といい、素人とは思えないほどに修練されていて、鎌倉時代からのものが忠実に守り続け伝えられていることから、芸能史的にも大変貴重です。

鬼来迎河原
出典;http://hanachan62jp.sakura.ne.jp

「賽の河原」での南無阿弥陀仏や石積の歌はあまりにも悲しく、お子さんを亡くされた親御さんの涙を誘うほどです。

観音菩薩・地蔵菩薩の慈悲

鬼来迎菩薩
出典;http://www.dydo-matsuri.com

見る人は地獄の恐ろしさと鬼どもの迫力に圧倒されるとともに、鬼が話す言葉が、現代を生きるわたしたちの胸に刺さります。

「堂塔仏閣に一度の参拝もなく、一紙半銭の施しもなく、昼は世路の暇を惜しみ、夜は鷲鳶の衾を重ね、空しく財色滋味をむさぼるばかりなり」

しかし菩薩は立ちはだかり、こう言います。
「鬼王たちの申すところ道理であるが、それでも許せ」

わたしたちは裁きの場で戒めを守ったかどうか問われたとき、この輪廻から抜け出ることはできるのでしょうか。

芝居の中で、菩薩に救われ浄土に旅立つ亡者の姿に、きっとわたしたちも自分に重ね、また亡くなった家族を重ねて見ることができるかもしれませんね。

鬼婆の御利益「疳の虫封じ」

鬼来迎疳の虫封じ
出典;https://yoridokoro.chiba.jp

舞台に登場する鬼婆に赤ん坊を抱いてもらうと疳の虫が驚いて治まるといわれていて、

たくさんの赤ちゃんが母親から、ステージ上にいる恐ろしい仮面をつけた鬼婆にバトンタッチされます。

赤ちゃんが泣くと会場は盛り上がり、演劇前の緊張感から和やかな雰囲気に変わります。

泣かない赤ちゃんがいると、鬼婆はユラユラ揺すったり、「うおー」と奇声を上げます。

それでも泣かない大物の赤ちゃんの出現に鬼婆の立場もなくなり、会場でも笑いのなか、お母さんに返される場合もあります。

近隣地域をはじめ、県外では東京などからも人がやってきて、赤ちゃんの健やかな成長を願うたくさんの人々を魅了し続けています。

スポンサーリンク

鬼来迎の会場の様子は?持ち物は?

鬼来迎会場
出典;https://yoridokoro.chiba.jp

屋台などはなく、飲料を売っているお店が入口に一軒あります。

炎天下のなか外での観覧になりますので、熱中症対策に、飲み物帽子汗をふくタオルも持参したほうが良さそうです。

客席はパイプ椅子が60客ほど、満席になっても、立ち見もできます。

レジャーシートを持参して、横の地べたに座って観覧する方もいるようです。

鬼来迎カメラ
出典;http://otsnews.jp/stories/4504

うしろにはビデオカメラの撮影許可ブースとなっていて、午後になると三脚や脚立が並び出します。やはり真ん中が人気ですね。

鬼来迎疳の虫封じ受付
出典;http://otsnews.jp/stories/4504

見どころでもご紹介した、疳の虫封じは、事前に入り口で受付しておきます。

赤ちゃん連れの親子は毎年20組前後、来場しているようです。

スポンサーリンク

アクセス・駐車場について

鬼来迎が行われる「広済寺」へのアクセス方法をご紹介します。

電車の場合

JR総武本線「横芝駅」下車後、徒歩約45分です。

駅前からのバスは運行本数がとても少ないため、駅前からタクシーの利用が推奨されています。

駅前からタクシーで10分ほどで会場に到着します。

車の場合

銚子連絡道路横芝光ICから、3kmほどで会場です。

広済寺の専用駐車場の他に、臨時駐車場があります。
広済寺の専用駐車場が満車の場合には、係員の案内がありますので、それに従うようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

地獄の惨さを狂言にして、死者供養の必要を説く。
鬼来迎は、長い時代を超えて伝承され続けている日本唯一の貴重な演劇です。

興味のある方は是非、足を運んでみて下さいね。