2019年 どんと祭・仙台市(大崎八幡宮)はいつ?燃やすものは?見どころや駐車場についても紹介します

お正月飾りなどを燃やして新年の幸運を祈る「どんと祭」。全国でみられる風習ですが、この大崎八幡宮では、全国でも有数の規模を誇ることで知られています!今回はそんな「大崎八幡宮のどんと祭」についてご紹介します。

スポンサーリンク

どんと祭とは?

どんと祭1
出典;http://matsuri-sanka.net

仙台市の大崎八幡宮で行われる「どんと祭(どんとさい)」は、正式名称は「松焚祭(まつたきまつり)」といます。お正月飾りを燃やして1年の無病息災を祈る行事です。

「どんど焼き」「左義長(さぎちょう)」など、地域によって呼称は異なりますが、宮城県では「どんと祭」と呼ばれています。

どんと祭は、宮城県内の各地域の神社やお寺の境内などでも行われていますが、大崎八幡宮で行われるどんと祭は、全国でも有数の規模を誇っています。

このお祭りがその名を広く知らしめている理由に「裸参り」があり、裸参りの若者たちが提灯片手に鈴を鳴らし、掛け声とともに真冬の仙台を練り歩きます。

冬の厳しい寒さを吹き飛ばすかのような、さらし姿約3000人もの熱気は、杜(もり)の都・仙台の冬の風物詩となっています。

神社の境内や参道には多くの屋台が立ち並び、1年の幸運を願う約10万人以上の参詣客で賑わいます。

どんと祭の歴史

大崎八幡宮で行われるこの風習は、およそ300年以上もの歴史があります。

各家で取り外した正月飾りを、そのまま家で焼いたのが原型とされています。
いつの頃からか、防火社寺繁栄の一策として、共同化、集中化が進められ、現在のように盛大な行事になっていきました。

「裸参り」は、厳寒時に仕込みに入る酒杜氏(さかとうじ)たちが、醸造作業の安全と商売繁盛を祈願するために行ったのが始まりとされています。

もともと「松焚祭(まつたきまつり)」と呼ばれていましたが、大正の頃から現在の「どんと祭」と呼ばれるようになりました。

2019年 どんと祭(松焚祭)の日程・開催時間など

今年の大崎八幡宮のどんと祭は、1/14(月・祝)行われます。

お祭りの簡単な情報をまとめました。

大崎八幡宮 どんと祭(2019年)
日程 2019年1月14日(月・祝)
開催時間 9:00~22:00 御祈願受付時間
16:00~ 御神火の前で点火式
開催場所 大崎八幡宮
料金 入場無料
住所 宮城県仙台市青葉区八幡4-6-1
マップ
お問合せ 022-234-3606 大崎八幡宮
公式HP http://www.oosaki-hachiman.or.jp
駐車場 あり(無料・有料あり)

雨天・雪が降った場合は?

基本的に雨天、雪ともに決行です。天候によっては雨具を持って行きましょう!

荒天などで心配な場合は、お出かけ前に問い合わせて確認してみましょう。

問い合わせTEL:022-234-3606(大崎八幡宮)

スポンサーリンク

どんと祭(松焚祭)の見どころは?

大崎八幡宮のどんと祭の見どころを紹介します。

まずはこのお祭りの雰囲気がわかる動画を見てみましょう。

裸参り

どんと祭裸参り
出典;https://www.youtube.com

なんといってもこのお祭りの名物は、商売繁盛を祈願する「裸参り」ですね!

これは、市内各地から御神火を目指し、さらし姿で参拝するというものです。

もとは造り酒屋が行ったのが始まりとされており、頭には白ハチマキ、腰にはしめ縄、私語を慎むために「含み紙」をくわえています。

江戸時代から続くこの風習は、今も昔もさながらに、先達が鈴を鳴らし、鏡餅を持ち、最後には、酒樽を持った約3000人以上もの一団が境内を練り歩き、社殿に奉納されます。

近年では酒造関係者以外にも、多様な職業に関係する人々が自由に参加し、さらには女性の参加も見られるなど、冬の厳しい寒さを吹き飛ばすかのように華を添えてくれます。

中でも、裸参り保存会の方々の行列は、張りつめた厳粛なオーラを放っていますので、ぜひ注目して見て下さい。

燃え盛る御神火

どんと祭御神火
出典;https://blogs.yahoo.co.jp

小正月。凍てつくような寒さの下、市内の大勢の人々が、お正月飾りなどを神社に持ち寄ります。

夕方、積み上げられたお正月飾りの山に火が移され、高く燃え上がる炎の渦に神が降臨します。

この御神火にあたることで心身が清められ、人々は新年の幸福を祈ります。

炎に手をかざす人、一生懸命祈るなど、幸運をめいいっぱい充電しています。

御神火は1周40m、炎の高さは最大9mにもなり、集まったお正月飾りの量はおよそ10トンといわれています。

冬の夜空を焦がし、翌朝まで炎々と燃え盛るさまは、まさに壮観です!

「国宝」大崎八幡宮

どんと祭大崎八幡宮
出典;https://ja.wikipedia.org

伊達政宗が建立したこの大崎八幡宮。急な石段を登った境内広場の奥に社殿が建っています。

建物全体は黒漆塗りで、内側と外側には極彩色、飾金具などが施された見事なものです。

松島の瑞巌寺とともに、桃山建築の最高水準を示す建物として「国宝」に指定されています。

特にこの時期は、雪が風情を増し加え、一層幻想的な雰囲気を作り出してくれます。

歴史や古い建物に興味ある方は、明るいうちに訪れ、ゆっくりと境内を見て回ることをおススメします。

スポンサーリンク

どんと祭で燃やすもの・燃やせないもの

どんと祭の御神火は、年神様をお送りする神聖な送り火なので、燃やしてはダメなものは神社に持ち込まないようにしたいですね。

大崎八幡宮のどんと祭で燃やして良いもの、ダメなものの代表例はこちらをご参照下さい。

燃やすもの

門松・松飾・だるま・お守りやお札など神社の授与品

燃やせないもの

人形・ぬいぐるみ・書類・写真・遺影・位牌・鏡餅・不燃部分・ビニール製品等、神事と関わりのないものです。

お焚き上げは日本各地で広く行われている行事ですが、最近ではダイオキシン発生の懸念から、取りやめるケースも増えてきています。

なのでどんと祭には「ビニールなどのプラスチック類」を極力取り外して、持参するようにしましょう。

どんと祭(松焚祭)の参拝ルートは?

大崎八幡宮どんと祭の参拝ルートは下記をご覧ください。

どんと祭参拝ルート
出典;http://www.oosaki-hachiman.or.jp

矢印の方向に向かって参拝していくといいと思います。

境内には多くの屋台が立ち並んでいます。温かいたこ焼きや大判焼きなど食べながら歩くのもいいですね。

特に甘酒は毎年好評のようですよ。

屋台の営業時間は例年、16時~22時が最も多く営業しています。

ただ、場所は神様を祀っている神社ですのでゴミはしっかり持ち帰りましょう。

スポンサーリンク

アクセス・駐車場について

大崎八幡宮へのアクセス方法をご紹介します。

電車の場合

JR「東北福祉大前駅」より徒歩約11分

バスの場合

臨時バス

乗り場 時間
行き 仙台駅前 西口バスプール「16番」のりば発 15:25~20:30まで
(約4分~10分間隔)
帰り 龍宝寺入口バス停のりば発 16:30~21:10まで
(約5分~10分間隔)

 路線バス

乗り場 時間
行き
仙台駅前 西口バスプール「10番」のりば発 7:05 ~21:40まで
(約10分~15分間隔)
仙台駅前 西口バスプール「15番」のりば発 7:37~ 21:52まで
(約10分~15分間隔)
帰り 龍宝寺入口バス停のりば発 6:26 ~21:07まで
(約7分~10分間隔)

停留所の「龍宝寺入口バス停」から「大崎八幡宮」へのルートはこちらです。

シャトルバスの場合

当日は便利な専用シャトルバスも運行します。ぜひ利用しましょう!

1.国際センター循環線

区間 国際センター駅北側~三居沢臨時駐車場~大崎八幡宮前~澱緑地臨時駐車場
運行時間 12:00~21:30(約15分~20分間隔)
片道料金 大人200円・小人100円

2.泉中央~イオン仙台中山線

区間 泉区役所前~大崎八幡宮~イオン仙台中山店
運行時間 12:00~21:30(約15分~20分間隔)
片道料金 大人400円(中学生~)・小人200円(未就学生~小学生)

車の場合

当日は、大崎八幡宮の専用駐車場は利用できませんのでご注意ください。

当日は臨時駐車場を7ヶ所、用意してくれていますので、こちらを利用しましょう。

夕方以降は市内で渋滞が発生しますので、なるべく早めの到着を目指しましょう。

臨時駐車場の場所や利用時間について解説します。

臨時駐車場について

国見小学校
会場まで 徒歩 約7分(約600m)
利用時間 9:00~24:00
住所 宮城県仙台市青葉区国見2-16-1
マップ
料金 無料

国見コミュニティ広場
会場まで 徒歩 約9分(約800m)
利用時間 9:00~24:00
住所 宮城県仙台市青葉区国見5-10-36
マップ
料金 無料

八幡小学校
会場まで 徒歩 約13分(約1.0km)
利用時間 9:00~24:00
住所 宮城県仙台市青葉区八幡2-9-1
マップ
料金 無料

七十七銀行(八幡町支店)
会場まで 徒歩 約9分(約650m)
利用時間 9:00~24:00(16:00~21:00は入出庫不可)
住所 宮城県仙台市青葉区八幡4-1-5
マップ
料金 有料

広瀬川牛越緑地
会場まで 徒歩 約15分(約1.1km)
利用時間 9:00~24:00
住所 宮城県仙台市青葉区荒巻三居沢12
マップ
料金 無料

広瀬川澱緑地 シャトルバス発着所
会場まで 徒歩 約20分(約1.5km)
利用時間 9:00~24:00
住所 宮城県仙台市青葉区角五郎1-10-22
マップ
料金 無料

国際センター駅駐車場 シャトルバス発着所
会場まで 徒歩 約28分(約2.2km)
利用時間 終日
住所 宮城県仙台市青葉区青葉山
マップ
料金 有料 1時間/200円(以降30分ごとに100円)

交通規制について

どんと祭(松焚祭)当日は、16:00~21:00までの間、大崎八幡宮の周辺で交通規制がかかります。

大崎八幡神社の前の県道は通行止めで、他車線では停車・駐車ができませんので、車での送迎する方はご注意ください。

その周辺でも一部車両が進入禁止となっているので、車での来場を検討している方はチェックしておくことをオススメします。

その交通規制の場所や時間帯などはこちらになります。

どんと祭交通規制2019
出典;http://www.oosaki-hachiman.or.jp
画像クリックで拡大します

スポンサーリンク

まとめ

お正月飾りを燃やして厄を逃れる。

由緒ある御神火の煙と炎が立ち上る夜空に人々の思いをのせ、神様が帰っていきます。

今年も、あなたの一年が幸せでありますように。

当日は暖かい服装でお出かけくださいね。