【1月の歳時記】行事(七草がゆ・鏡開き・小正月・寒中見舞い)伝統的な由来や風習を紹介します

穏やかに新年を迎え、気持ちも新たに1月が始まりました。どことなくお祝いムードが続く1月の代表的な行事を、わかりやすくご紹介します!

スポンサーリンク

1月行事1

忙しい現代では、お正月も年中行事も関係なく、せわしない毎日を送っている方もたくさんいると思います。

1月は様々な行事があり、昔からの奥ゆかしい風習が残されていて、どこか遠い記憶で味わったような懐かしさも感じられます。

少し立ち止まって季節を感じてみませんか?

1月は、疲れ気味の体や、胃腸を落ち着かせる美味しい行事が中心です。

忙しい方へ、これさえわかればヨシの範囲でご紹介しますので、
よろしければ一読ください!

あまり堅苦しく考える必要はないと思います。ぜひ楽しみながら気楽に、日本の素敵な伝統をおさらいしていきましょう。

七草がゆ

1月7日の朝に、「春の七草」と呼ばれる、7種類の野菜を炊き込んだおかゆを食べて、1年の無病息災を祈るのが七草がゆです。

七草がゆ

七草がゆの由来は?

これは平安時代に中国から来た風習で、「七草は邪気を払う」とされ、当時は宮中行事として七草を汁に入れて食べていました。

おかゆにしたのは室町時代からと言われています。

一般庶民に定着したのは江戸時代に入ってからです。

七草は日本のハーブともいわれるほど栄養素が高く
真冬の1月は野菜が不足がちになるため、栄養を補うという効用があります。

そしてお正月のご馳走続きで疲れた胃腸を休ませるために、
七草がゆを食べて無病息災を願うようになったのです。

効能は?

ちなみに春の七草、聞いたことがあると思いますが、7種類全てご存知ですか?

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ

効用は、鉄分ミネラルはもちろんですが、

たんぱく質、すずな・すずしろのジアスターゼなどは特に消化を助けてくれるもので、いずれも滋養強壮に富んだものばかりです。

強い生命力を体に取り込む儀式として、ぜひ取り入れて頂きたい1月のイベントです。

鏡開き

前回お正月飾りで、「鏡餅」のエピソードをご紹介しましたが、

その飾った鏡餅を、1月11日に割って食べる行事が「鏡開き」です。

おしるこ

鏡開きの由来は?

もとは中国で、元旦に硬い飴を食べて、延命長寿を願う儀式がありました。

それが日本に伝わり江戸時代には、飴が硬いに変わり、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るという「歯固め」と呼ばれる行事になりました。

「刃柄(はつか)」にかけて、20日前後に行われていましたが、
徳川三代将軍家光が4月20日亡くなったことから
月命日の20日を避けて、11日に改まったと言われています。

当時、鏡餅は武家の風習だったため、「切る」「割る」という、武士には縁起の悪い言葉を避け、
縁起の良い末広がりをイメージし、運を開くという意味を込めて「鏡開き」と言われるようになりました。

食べ方は?

鏡餅を開くときは、包丁を入れずに、手や木づちで割って「開く」のがしきたりとなっています。

だいぶ固くなっているので、大きいものは少しレンジで温めてから、手で小さくちぎるという人もいるようですよ。

ぜんざいやおしるこで美味しくいただきましょう。

小正月

元日から始まる「大正月」というのは、三が日松の内(7日)までのことで、

それに対して、満月の1月15日小正月(こしょうがつ)と言います。

旧暦では月の半ばを1ヶ月としていたので、「旧正月」とも呼びます。

15日にもなると、女性はお正月のおせち作りや年始の接待など、その忙しさから解き放たれるので「女正月」とも言うそうですよ。

旧正月は、主役の大正月の良き脇役として、特殊な意味の行事があります。

まゆ玉・餅花

小正月には、餅をまゆの形に作った「まゆ玉」を、神棚にお供えします。

そしてそのまゆ玉を、柳や樫の木などの枝先に挿して、実った稲穂に似せた飾り物を「餅花」と呼び、豊作を願う習慣がありました。

餅花

小豆がゆ

「七草がゆ」と同様、平安時代に中国から来た風習で、宮中や公家の正月行事として小豆がゆが食べられていました。

小豆がゆ

小豆の赤い色は、「太陽・火・生命を司る血の色 」というイメージから、小豆は霊力を秘めた物と考えられていました。

滋養豊富な小豆がゆを炊いて、五穀豊穣を祈り、一家の健康を願う習わしがありました。

今もその風習が残っていて、現在では、これを食べる1年の邪気が祓われると言われ、家族の健康を祈って食べ続けられています。

どんど焼き

どんど焼きとは、神社などで火を焚き、正月飾りとして使ったものや書き初めなどを家から持ち寄って、一斉に集めてお焚き上げしてもらう行事です。

どんど焼き

・書き初めをくべて火が高く燃え上がると字がうまくなる

・この火で焼いた餅を食べると病気にかからない

・どんど焼きの煙をあびると若返る

などという言い伝えがあります。

どんど焼きに立ち上る煙に乗って、年神様が天に帰っていくと言われていて、

年神様をお迎えするための行事「お正月」も、この小正月をもって終了とされています。

おめでたい気分一色のお正月から、小正月は豊作祈願や健康祈願で、癒しの行事でいっぱいですね。

最後に、この時期に送りたい「寒中見舞い」についてご紹介します。

スポンサーリンク

寒中見舞い

寒中見舞いとはもともと、寒さ厳しい時期に、相手の健康に差し障りないかどうか気遣う挨拶状の事を言います。

氷柱

しかし現在では、

年賀状を出しそびれてしまったり、喪中欠礼をいただいた場合などに、年賀状の代わりに出すというのが主流になってきていますね。

出す時期は、小寒(1月5日頃)~立春(2月4日頃)までの間です。

喪中の相手への場合は、おめでたい松の内(1月7日まで)に手紙を出すのは緊急以外はタブーです。

どんな時に出すの?

・年賀状を頂いていたが、出しそびれて1月5日以降に新年の挨拶をする場合。

・こちらの喪中を知らずに年賀状をくれた人への返事。

・相手が喪中と知らずに年賀状を送ってしまったときのお悔やみとお詫び。

・喪中はがきへの返事。

・季節のたよりとして挨拶をする。

このようなケースのときに、寒中見舞いが活躍します。

季節ごとに相手を思いやる気持ちを大切にする、日本人らしい素敵な風習ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

お正月のお祝いムードから少し落ち着いて、平穏な癒しを感じる行事の数々。

こうして見ると、ひとつひとつ深い意味を成して受け継がれていて、独特の風習がたくさんあることがわかりますね。

お粥ひとつ作ってみるだけでも構いません。

ご先祖様が受け継いできた新たな生命力をもらって、今年も健康な1年でいられるよう祈願しましょう。