サンタクロースに手紙を書こう!返事が来るよ!住所と書き方・送り方を紹介

憧れのサンタさんに手紙を送ってみませんか?

あなたが素直に伝えたいことを書いて送ると、返事の手紙が届きますよ!

今回は、返事がくるサンタクロースの住所と、エアメールの書き方と送り方を解説したいと思います。

スポンサーリンク

サンタクロースの住所はどこにあるの?

サンタクロースのクリスマスカード

サンタクロースの家の場所には諸説ありますが、多くの場合、フィンランドのサンタクロース村に住んでいることが知られています。

しかしクリスマスが近づくと、多忙のため留守にしている場合があります。

そのため、サンタさんへの手紙を受け取ってくれる事務所がいくつかあります。

これからその複数の事務所の特徴をご紹介しますので、好きなところを選んで送ってみて下さいね!

スポンサーリンク

確実にサンタクロースからお返事をもらう方法!

郵便受けとクマさん

サンタさんへの手紙を受け取ってくれる事務所は、世界中にいくつかあります。

しかしそのほとんどは、お返事が必ず届くとは限らないようです。

もし来るとしても、半年先にもなるそうで、気長に待ってみるしかないようです。

しかしご安心ください。確実にお返事がもらえる方法が2つあります。

以下の方法の、いずれかを利用しましょう。

  • 有料サービスを利用する。
  • カナダ宛てに送る。

それぞれ解説していきます。

有料サービスを利用する

少し夢のない話になってはしまいますが、確実に手紙をもらうなら、有料サービスを利用すれば間違いありません。

つまり、サンタさんからの手紙を「買う」のです。

これはあくまでも、お返事ではなく買うのですから、親御さんのサポートが必須になります。

申込みは日本語でOKで、手紙の内容も指定することができます。

サンタクロースの名を借りて、お子様に伝えたいことがあるなら、ぜひメッセージに盛り込んでみて下さいね。

おすすめの4つの団体のサービスをご紹介します。

①日本・フィンランドサンタクロース協会

日本郵便の公式ホームページで紹介されているサービスです。

フィンランドのロヴァニエミの街にある「サンタがいる郵便局」として世界中でも有名な、サンタクロース中央郵便局から送られてきます。

つまりこのサービスは郵便局公認のサンタさんからの手紙というわけです。

手紙の内容は、幼児向け・子ども~一般向け・英文の3つから選ぶことができます。

冒頭でのお子様の名前の呼びかけが指定でき、また文末には100文字のオリジナルのメッセージを入れられます。

お子様が返事を書くためのハガキも同封されていますよ!

そのハガキで返事を贈ると、さらに翌年8月中旬ごろ、サンタさんから “ありがとう” のお返事「サマーカード」が国際郵便で届くというおまけ付きです!

送付元:サンタクロース中央郵便局(フィンランド)
申込先:日本フィンランドサンタクロース協会

スポンサーリンク

②サンタクロース事務局

フィンランドのロヴァニエミにあるサンタクロース村から、サンタさんの手紙が送られてきます。

事務局経由で申し込むことで、名前の呼びかけやメッセージを指定することができます。

送付元:サンタクロース村(フィンランド)
申込先:サンタクロース事務局

③NPO法人チャリティーサンタ

NHKでも紹介されたことがある団体で、こちらのサービスを利用すると、売上金の一部がチャリティーとして困難を抱える子供たちへ寄付されます。

送られてくるのは手紙だけでなく、子どもにはサンタさんの『魔法の鍵』、親御さんには『家族で楽しむための手引書』が一緒についてきます。

送付元:NPO法人チャリティーサンタ(日本)
申込先:チャリティーサンタ

スポンサーリンク

④サンタレターメーカー

料金が割安なうえ、自分で手紙のデザインを選ぶことができます。

もちろんメッセージも自分で指定することができます。

メッセージが浮かばない場合は、日本語・英語の両方の例文を見て選ぶだけでもOKです。

ちなみに日本の会社なのでエアメールではありませんが、本物のエアメールのような消印やスタンプが付けられ、上品なクラフトゴールドの封筒が使用されますので、しっかり海外のリアリティを感じられます。

送付元:サンタレターメーカー
申込先:サンタレターメーカー

スポンサーリンク

カナダポスト(カナダ郵便公社)に送る

カナダのサンタクロース

日本からカナダのサンタさんの住所に手紙を送ると、必ず返事が返ってくるというサービスがあります。

しかもこのサービスは無料(切手代のみ)でサンタさんから手紙がもらえるというわけです!

本文は印刷ですが、文末に一言手書きのメッセージが書かれて届きます。

世界30ヶ国以上の言語に対応しているとのことで、日本語で書いてもOKです(ただし封筒は英語で)。返事もしっかり日本語で書いてくれますよ。

返事が遅くなった場合は『遅れてごめんね!理由は・・・』などが書いてあるそうです。なんだかとても温かい気持ちになりますね!

ちなみにお返事を書いているのは、カナダポストの現職員と退職者の方々で、なんとボランティアで世界中の子ども達の手紙に返事を書いてくれているのだそうですよ!この方々こそサンタさんですね。

送り先はこちらです。

サンタクロースの住所

Santa Claus
North Pole H0H 0H0
CANADA

欧米諸国などのサンタさんは「Ho Ho Ho」(ふぉっ、ほっほっ)と笑うのが特徴で、その笑い声がそのまま郵便番号になっています。ユニークですね!

送付元:カナダポスト(カナダ郵便)
公式HP:Canada Post

封筒の書き方は、次の項でご紹介いたします。

スポンサーリンク

カナダのサンタクロースへの手紙の書き方・送り方

多摩郵便局

サンタさんへのお手紙は海外宛てですので、どうやって書いて送ったら良いのか、わからない方も多いかと思います。

そこでこの項では、カナダのサンタさんへの手紙の書き方・送り方を解説したいと思います。

封筒を用意しよう

海外へ送る場合はエアメール(航空郵便)なので、赤・青のストライブの封筒を使わなければいけないと思っている人も多いですよね。

しかし、普通の封筒で大丈夫です。

「宛先の国名」「AIR MAILの表記」さえ書けば、どんな封筒でも外国へ送ることができます。

また郵便局の窓口で「AIR MAIL」と書かれたシールをもらうことができますよ。

封筒の書き方

カナダへ送る場合は英語で記入します。

カナダのサンタクロースへの手紙の書き方

左上・・差出人欄(あなたの住所と名前)
右下・・受取人欄(サンタさんの住所と名前)
左下・・青か黒字で、大きく「AIR MAIL」と書く

あなたの住所の書き方

相手の住所よりも少し小さく書きます。差出人欄と間違われないようにです。

自分の住所を英語になおすときは、逆から書くことを意識しましょう。

1行目 Fromと書くと親切です。
2行目 名前        
3行目 建物名、部屋番号
4行目 番地、丁目、町村
5行目 市区、都道府県
6行目 郵便番号、JAPAN

このような感じです。

〒100-1234

東京都港区見本町1-2-3 おにぎりハイツ401号室

名野 太郎 より

↓↓↓

From.
Taro Nano
Onigiri heights #401,
1-2-3 Mihon-cho,
Minato-ku,Tokyo
100-1234 JAPAN

カンマで区切るとわかりやすいです。

また住所は以下のように、建物名を略して書いても大丈夫です。

1-2-3-401, Mihon-cho,
Minato-ku,Tokyo
223-0061 JAPAN

日本の住所においては、郵便番号が合っていれば、細かい順序はあまり気にする必要はないよ!安心してね!

切手代はいくら?

送る際の切手は、日本の切手でOKです。

日本からカナダへ送る場合の、切手代の目安はこちらです。

日本からカナダへの切手代

手紙(航空便 25gまで)・・・110円
手紙(航空便 50gまで)・・・190円
ハガキ(航空便 5g)・・・70円

※2020年12月現在の料金です。

参照 国際郵便|郵便局

郵便局の窓口に手紙を持って行き、「航空便で送りたいです」と言えば、重さを計って手続きしてくれますよ!

ポスト投函ができる!心配なら郵便局窓口が確実

「AIR MAIL」と記入をし、料金を調べて正しく切手を貼れば、お住いの最寄りのポストに投函しても大丈夫です。

ポストによっては「国際郵便はこちらへ」などと書いてある投函口もありますね。

しかし郵便局窓口に持って行けば、切手の料金を間違えることもありませんし、希望すれば「AIR MAIL」のシールも貼ってもらえます。

もし心配であれば、郵便局窓口に持っていかれることをおすすめします。

スポンサーリンク

サンタさんには何を書けばいいの?

絵を描く子ども達

カナダへのサンタさんに出す場合は、日本語でもOKです。

また手紙の内容も自由に書いて大丈夫です。

決まった形式などはありませんので、お子様の思うように書かせてあげると良いでしょう。

しかしここで特筆するならば、英文の形式で書いてみることをおすすめしたいと思います。

カジュアル形式での英文レターは、以下のような流れです。

【右上に今日の日付】
「2020年12月2日」「December 2, 2020」など、書いた日の日付を右上に書きます。

【相手の名前】
「サンタクロース様」「サンタさんへ」「Dear Santa Claus,」など。

【挨拶】
「はじめまして」「こんにちは」「元気ですか?」など。

【自己紹介】
「わたしは日本に住む〇〇です」など。

【本文】
自分は今年一年どんな子供だったかや、クリスマスに何が欲しいかなど、自由に書かせてあげると良いでしょう。

【締めの言葉】
「では、メリークリスマス、サンタさん!」など。

【署名】
「〇〇より」「〇〇より、愛をこめて」など。

スポンサーリンク

英文で書く場合の例文はこちら!

英語でお手紙を書くと、英語でお返事がきます。それもまたリアルでワクワクしますよね!

ここでは、英語で書く場合の簡単な例文をご紹介します。

お子様に合わせて〇〇を埋めてみて下さいね。

December 2, 2020
2020年12月2日

Dear Santa Claus,
サンタさんへ。

My name is 〇〇. and I am 〇〇years old.
わたしの名前は〇〇で、〇〇歳です。

I live in Japan.
日本に住んでいます。

Your present last year made me so happy.
去年のプレゼント、とっても嬉しかったです。

Thank you for giving presents every year.
毎年プレゼントをくれてありがとう。

I have been a very good boy(またはgirl) this year.
わたしは今年、とってもいい男の子(女の子)でした。

I believe you will come to my house this year, too.
今年もきっとわたしの家に来てくれことを信じています。

Please say hello to the reindeer and everyone in your village.
トナカイさんと村のみなさんによろしくね。

Merry Christmas, Santa!
メリークリスマス、サンタさん!

Love,
〇〇
愛をこめて
〇〇より

スポンサーリンク

おわりに

サンタさんから返事が届くのは、子どもたちの幸せを願っている人々がたくさんいるからなのですね。

サンタさんからお返事が来たという感動は、生涯の思い出として深く刻まれ、自分が親になった時に、親のあなたの無償の愛を知ることになるでしょう。

どこにいても自分を大切に思ってくれる人がいることを知る、良いきっかけになるかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました