2019年 佐原の大祭夏祭り・日程や駐車場は?山車の位置がわかるGPSや見どころについても紹介します

千葉県佐原市で、年に2回、夏と秋に開催される「佐原の大祭」。ユネスコに登録されてから世界からも注目が集まっています。江戸時代の面影を残す伝統行事、佐原の大祭「夏祭り」についてご紹介します。

スポンサーリンク

佐原の大祭 夏祭りとは?

佐原の大祭夏祭り1
出典;https://4travel.jp

小野川をはさんで「本宿地区」と「新宿地区」にわかれる千葉県香取市(旧佐原市)では、春と秋の年に2回、佐原祭りが行われます。

夏は本宿の八坂神社の氏子町内が、秋は新宿の諏訪神社の氏子町内が中心となります。

佐原の大祭夏祭りは、本宿の「八坂神社」の祇園祭です。

佐原の大祭は、山車に豪華な飾り物をつけ、日本三大祭囃子の佐原囃子を演奏しながら町内の引き廻しを行うものです。

小江戸の町並みで豪華絢爛な山車の前では手古舞を踊り、夜になるとちょうちんやぼんぼりが灯って一層華やかさが加わります。

江戸情緒をいまに伝えるこの伝統行事は、関東三大山車祭りの一つに数えられ、夏祭りだけでも毎年全国から36万人以上もの観光客が訪れています。

さらに2016年にはユネスコ無形文化遺産に登録されたことから、世界からも新たな注目を集めているお祭りです。

佐原の大祭の歴史

佐原の大祭で見られる豪華な山車は、廻米(かいまい)や酒造を中心に、利根川の水運に恵まれ、商業が盛んだった名残を感じさせられます。
その山車の華やかさは、1732年の関戸町のものから始まったといわれています。

現在も存在する最古の山車は、1830年に作られたものです。

水郷の風土に詩情を醸し出す佐原囃子は、1573年頃から、田楽や散楽(猿楽)、神楽囃子に源を発し、江戸文化の影響を受けて発達し、現在まで愛好者によって長く保存されています。

2019年 佐原の大祭夏祭りの日程・開催時間など

今年の佐原の大祭夏祭りは、7/12(金),7/13(土),7/14(日)の3日間行われます。

お祭りの簡単な情報をまとめました。

佐原の大祭夏祭り(2019年)
日程 2019年7月12日(金)~7月14日(日)
開催時間 10:00~22:00
開催場所 八坂神社周辺(佐原本宿地区)
料金 無料
住所 千葉県香取市佐原イ3360(八坂神社)
マップ
お問合せ 0478-54-1111(香取市商工観光課)
公式HP http://www.city.katori.lg.jp
駐車場 あり(収容台数:約1,000台/無料 )

雨天時の場合は?

雨天決行です。お天気が不安定な場合は雨具を持って行きましょう!
雨の場合は山車にビニールをかぶせて行うことになります。

台風などの荒天の場合は中止となりますので、お天気によってお出かけ前にお問い合わせください。

問い合わせTEL:0478-54-1111(香取市商工観光課)

スポンサーリンク

佐原の大祭夏祭りのイベント情報

佐原の大祭夏祭りは、本宿地区を10台の山車が曳き廻されます。

2019年の佐原の大祭夏祭りの会場案内図はこちらをご覧ください。

佐原の大祭夏祭り2019会場案内図
出典;https://www.city.katori.lg.jp
画像クリックで拡大します

お祭りが開催される3日間、おまつりステージ広場でのイベントも開催されます。こちらも一緒に楽しめるようにまとめました。

7月12日(金)

佐原の大祭夏祭り乱曳き
出典;http://www.suigo-sawara.ne.jp

初日の山車の運行(下仲町区を除く9台)は『乱曳き』です。各町山車前では若連による手踊りが披露され、山村会館前交差点では豪快な「のの字廻し」が随時披露されます。

時間 イベント 場所
10:00~ 山車乱曳き(9台)
随時 のの字廻し(任意) 山村会館前交差点
随時 佐原囃子と手踊り おまつりステージ広場、随所

7月13日(土)

佐原の大祭夏祭り山車整列
出典;http://maruchiba.jp

日中の山車の運行は『乱曳き』です。16時半までに全ての山車が寺宿通りに整列し、17時半になると一斉に提灯の灯がともります。各町総踊りを行った後、通し砂切、そして豪快な「のの字廻し」が披露されます。その後山車は、忠敬橋方向へ出発し、各町予定のコースで曳き廻されます。

時間 イベント 場所
10:00~ 山車乱曳き(10台)
11:00~ 佐原囃子の演奏披露 おまつりステージ広場
13:30~ 神楽の演奏披露
16:00~
16:30頃~ 山車整列完了(10台) 寺宿通り
17:30~ 提灯へ灯入れ・各町による総踊り 各山車前
17:50~ 通し砂切 各山車前
18:00頃~ のの字廻し(10台) 山村会館前交差点
随時 佐原囃子と手踊り おまつりステージ広場、随所

7月14日(日)

佐原の大祭夏祭り手踊り
出典;https://ohmatsuri.com

最終日の山車の運行は『乱曳き』です。また浜宿区により「お神輿の神幸」が行われます。11時頃、八坂神社を出発したお神輿は町中を練り歩き、20時頃には八坂神社に戻ります。また、山村会館前交差点では豪快な「のの字廻し」が随時披露され、小野川や各広場にて佐原囃子が披露されます。

時間 イベント 場所
10:00~ 山車乱曳き(10台)
11:00~ お神輿の神幸 八坂神社~市内
14:00~ 佐原囃子の演奏披露 おまつりステージ広場
16:00~
18:00~
随時 のの字廻し(任意) 山村会館前交差点
随時 佐原囃子と手踊り おまつりステージ広場、随所

スポンサーリンク

佐原の大祭夏祭りの見どころは?

佐原の大祭夏祭りの見どころをご紹介します。

曲曳き「のの字廻し」

佐原の大祭の最大の見どころといえは、「のの字廻し」ですね!

佐原の大祭では、通常の曳き廻しの他に、「曲曳き」と呼ばれる、曲芸技があります。
曲曳きは「のの字廻し」「そろばん曳き」「小判廻し」の3つがありますが、その代表格が「のの字廻し」です。

約4トンもの重い山車を、男衆が渾身の力を込めて後輪を担ぎ上げながら、回転させるものです。

あたかも山車の大人形が能を舞っているように魅せる、そしてちょうちんもできるだけ揺らさない、さらに軸をずらさずに回転させることが、上手いとされています。

のの字廻しを終えた後の地面は、くっきりと車輪の跡が残っていますので、いかに巧みに廻されたかを確認してみるのもいいですね。

夏祭り開催中の3日間、山村会館前交差点にて随時行われますが、
特に13日(土)18:00頃~は、全町山車10台による「のの字廻し」が披露されます。

日本三大囃子の「佐原囃子」

佐原囃子は、情緒的なメロディーを奏でる独特の祭り囃子として有名で、佐原の大祭の山車の巡行には、この佐原囃子が欠かせません。

山車には下座連(げざれん)と呼ばれる囃子方が乗り込み、佐原囃子を優雅に奏でます。

この佐原囃子は、大太鼓、小太鼓、摺り鉦(すりがね)、笛、大鼓、小鼓からなっており、その圧倒的な音の厚みから和楽器のオーケストラとも呼ばれています。

曲目は大きく分けて、「役物」「段物」「端物」「俗物」「里謡」からなっています。

山車の出発準備ができると「役物」を囃しだし、進行中や停止中は「段物、端物、俗物、里謡」など、自由に演奏しています。

山車が目的地に到着すると、再び「役物」というように、快速、荘重な曲と変化していきます。

神田囃子、京都祇園囃子と並ぶ日本三大囃子の一つに数えられ、お囃子のみ切り離しても素晴らしい文化遺産です。

日本最大級の「大人形」の山車

佐原の大祭夏祭り大人形
出典;https://www.enjoytokyo.jp

佐原の大祭は、大きな人形を乗せた豪華な山車が有名です。

身の丈はなんと4~5mにも及び、日本最大級の大きさを誇っています。
なので山車全体の高さは、8m近くにもなるそうです。

山車の大人形はそれぞれ違っていて、神武天王や菅原道真、小野道風、天鈿女命(あめのうずめのみこと)、鷹、鯉など、各町内ごとに趣向があります。

また山車には一台ずつ名のある彫工たちによって造られた、表情豊かな彫刻が目を奪います。

13日(土)17:00~寺宿通りにて、全10台の山車が整列します。
技術の粋を集めた精巧な彫刻を、間近でゆっくり鑑賞してみてはいかがでしょうか。

夜の山車ライトアップ

佐原の大祭夏祭り夜
出典;http://photozou.jp

お時間に都合がつくなら、夜の佐原の大祭を見物してみてはいかがでしょうか。

闇に包まれるころいっせいにちょうちんに灯がともり、山車は艶やかに浮き上がります。

灯りは闇にゆれながら小野川にそのかげを映し、見る者をファンタジックな世界へ誘い込んでくれます。

水郷の風土に詩情を醸し出す佐原囃子の音色も一段と高まり、その雅な華やかさは、かつてのこの地域の隆盛を、静かに伝えてくれます。

昼とは違った趣が楽しめる幻想的な姿となった山車の様子に、ぜひご注目ください。

スポンサーリンク

屋台の出る場所・日程・種類は?

佐原の大祭夏祭り屋台1
出典;https://twitter.com

お祭りと言ったら屋台ですね!

この項では、佐原の大祭夏祭りの屋台の出店に関して、ご紹介していきたいと思います。

屋台で美味しいものをほおばりながら、小江戸の町並みの散策を楽しみましょう!

屋台が出る日程

佐原の大祭夏祭りでは、7/12(金)~7/14(日)の3日間、たくさんの屋台が出店されます。

営業時間は例年、屋台によって違いますが、
10:00頃~22:00頃まで、営業しています。

遅い時間まで営業しているので、夕ご飯や晩酌として屋台グルメを楽しむこともできますね!

屋台が出る場所

佐原の大祭夏祭り2019会場案内図
出典;http://www.city.katori.lg.jp
画像クリックで拡大します

例年、屋台は八坂神社境内やその周辺道路に多く立ち並んでいます。

また、

①わくわく大休憩広場(忠敬橋付近きめらパーキング)
②小江戸かなえ広場(忠敬橋付近小野川本宿側)
③にぎわい広場 小江戸茶屋(下仲町駐車場)
④おまつりステージ広場(香取街道駐車場)

上記の各特設広場にて、地域の方々による飲食物や特産品の販売コーナーが設置されています。

広場では特産品などの販売や休憩スペース、各町による手踊りの披露など各種イベントが行われていますので、賑やかなお祭りらしい雰囲気も同時に楽しむことができますね。

屋台が出る種類

佐原の大祭夏祭りの屋台数は100店舗以上

八坂神社境内や周辺道路では、かき氷や焼きそばなど通常のお祭りで見かけるような定番の屋台が立ち並んでいるので、まさにお祭りらしい雰囲気が味わうことができます。

佐原の大祭夏祭り屋台2
出典;https://blogs.yahoo.co.jp

また各広場では、地域主催のご当地グルメなどに出会えることができます。観光案内もしてくれますので、ぜひ覗いてみましょう。

さらに飲食店でも軒下でお祭り限定プランを出しているので、お腹いっぱい食べられますね!

もちろん屋台の他にも、佐原名物の「芋ようかん」や「すずめ焼き」「うなぎ」のお店も常時営業しています。美味いものがいっぱいの佐原を楽しみましょう!

スポンサーリンク

佐原の大祭 夏祭りと秋祭りの違いは?

同じ佐原の大祭ですが、一番の大きな違いは「お祭りが行われる神社が違う」ことです。

夏祭り 秋祭り
神社 「八坂神社」の祇園祭 「諏訪神社」の大祭
地区 本宿 新宿
山車の数 10台 14台

夏祭りは歴史のある「本宿地区」で行われます。
本宿地区は伝統的建造物が多く、小江戸の名残がある町並みの中を進むさまは風情に溢れ、江戸時代の情景を彷彿とさせます。
歴史的風情を重視するなら、夏祭りがおすすめです!

秋祭りは佐原駅がある「新宿地区」で行われます。
駅前がお祭り会場となるため、なんといってもアクセスがとても便利です。電車で行くなら秋祭りが断然おすすめです!

GPS「山車の位置情報」で見たい山車に会える!

10台全ての山車の今いる場所が、GPS「山車の位置情報サービスサイト」を使ってスマホでリアルタイムに表示できるようになりました。

これなら見たい山車の場所も一目で分かりますし、休憩所トイレの場所も表示されるので、いざというときに探し回らずに済むので、お祭りを余すことなく十分に堪能できますね!

下記URLにアクセスの上、使用端末のGPS機能を有効にしてお楽しみください。

https://loc.tliserv.co.jp/matsuri/sawara/(外部リンク)

山車の位置情報検索サービスは、7月12日10:00~使用できます。

スポンサーリンク

アクセス・駐車場について

佐原の大祭夏祭りへのアクセス方法をご紹介します。

電車の場合

JR成田線「佐原駅」から、八坂神社まで徒歩約15分です。

臨時列車 特急「佐原夏祭り」に乗ろう!

佐原の大祭夏祭りでは、早くて便利な臨時列車 特急「佐原夏祭り」が運行されます。

区間は、JR新宿駅~佐原駅。
運転日は、2019年7月13日(土)、14日(日)の2日間です。

E257系5両編成で運転。全車指定席です。

お祭り限定ですので、記念に乗ってみてはいかがでしょうか。

2019年の臨時列車の時刻表はこちらをご覧ください。

佐原の大祭夏祭り臨時列車
出典;https://www.jreast.co.jp

車の場合

・東関東自動車道「佐原香取IC」下車、国道356号経由で、約10分。

・東関東自動車道「大栄IC」下車、国道51号経由で、約20分。

臨時駐車場について

佐原の大祭夏祭りが開催される3日間、無料の臨時駐車場を用意してくれています。

約1,000台が駐車可能だそうですので、優先的にそちらへ向かいましょう。

そこからお祭りエリア付近まで「シャトルバス」や「シャトル舟」が運行されますので、乗り換えて移動してもいいですね。

詳細は以下の通りです。

利根川河川敷臨時駐車場 ※会場までシャトルバス・舟あり
会場まで 八坂神社まで徒歩 約18分(約1.5km)
住所 千葉県香取市佐原粉名口
マップ
収容台数 普通車1,000台(大型駐車可)
料金 無料

「シャトルバス」「シャトル舟」に乗り換えよう!

佐原の大祭夏祭りが開催される3日間、臨時駐車場~お祭りエリア付近区間で、シャトルバス、シャトル舟が随時運行されます。

シャトルバスは、早くて安くて便利。
シャトル舟は、小野川沿いの国選定重要伝統的建造物を眺めながら、舟の上から曳きまわされる山車を見ることもできます。

シャトルバス
【運行時間】

9:30~21:00頃

【発着場所】

・利根川河川敷臨時駐車場
・NTT東日本佐原ビル付近(山田うなぎ店隣り)

【料金】
大人200円・小学生100円・小学生未満は無料


シャトル舟
【運行時間】

9:30~21:00頃

【発着場所】

・利根川河川敷臨時駐車場
・中橋

【料金】
・片道 大人600円・小学生300円・小学生未満は無料
・往復 大人1,000円・小学生500円・小学生未満は無料

その他の駐車場

上記の臨時駐車場の他、13日(土)・14日(日)のみ駐車可能な駐車場はこちらです。

名称 住所 台数 徒歩
香取市役所駐車場 千葉県香取市佐原2127 100台 14分
千葉交通駐車場
(砂原電気工業所向かい)
千葉県香取市佐原ロ2122-47
(砂原電気工業所)
200台 15分


交通規制区外にある市営駐車場はこちらです。

名称 住所 台数 徒歩
町並み観光駐車場 千葉県香取市佐原イ1711 70台 9分

伊能忠敬記念館の裏手にあります。
利用時間は9:00~17:00 1日500円です。

その他、徒歩30分と距離がありますが「香取神宮」の駐車場もあります。
混雑を避けて入出庫しやすいのが最大の魅力です。

交通規制について

佐原の大祭夏祭り開催中の3日間、会場エリア内の広い範囲で交通規制がかかります。

規制時間は10:00〜22:00まで、小野川沿い・新宿側の一部地域を含めて本宿地区一帯が通行止めになります。
マイカーで訪れる方は会場エリアに近づかないようご注意ください。

交通規制図はこちらをご覧ください。地図上のグレー色の道路に交通規制が実施されます。

佐原の大祭夏祭り2019会場案内図
出典;http://www.city.katori.lg.jp
画像クリックで拡大します

スポンサーリンク

まとめ

佐原の大祭は、繁栄した往時の豪華絢爛な山車が、歴史を刻んで威風堂々と巡るお祭りです。

純度ある小江戸の町を歩きながら、先人たちの時代に思いを馳せてみるのもいいですね。

ぜひ、自分だけの素敵な時間をお過ごしください。