2018年 灘のけんか祭り・日程とおすすめスポットは?過去の事故事例でみる注意点も紹介します

神輿同士が激突する迫力あるお祭り「灘(なだ)のけんか祭り」は、かつては流血をみたほどの荒々しいお祭りでした。今年の日程やアクセス、穴場スポットについても紹介します。

スポンサーリンク

灘のけんか祭りとは?

灘の喧嘩まつり1
出典;https://www.nadamatsuri.jp

播州の10月は、祭り月と言われるほど多くのお祭りが開催されます。なかでも姫路の「灘のけんか祭り」は、関西三大祭りの一つとして広く知られています。

この「灘のけんか祭り」とは、兵庫県姫路市白浜町の松原八幡神社で行われる秋祭りのことをいいます。神輿同士の激しいぶつかり合い(軒掛)からこの呼び名がつきました。

3基の神輿をぶつけ合わせる神事と、旧7ヶ村の絢爛豪華な屋台が激しく練り競う勇壮な屋台練りが、2日間にわたって盛大に行われます。

室町時代から始まったというこのお祭りは、重要無形民俗文化財にも指定され、国内はもとより海外にまでその名を知られるようになりました。

毎年全国から15万人もの見物客が訪れ、神輿同士が壊れるほど激しくぶつかりあう迫力を楽しんでいます。

灘のけんか祭りの歴史

南北朝時代(1336~1392年)に、播摩を支配していた赤松氏が、戦火で焼失した松原八幡神社を再建したときに、その竣工を祝ってお米200俵を寄進しました。喜んだ7村の氏子たちがそれを担いで御旅山まで行列したのが、このお祭りの起源として伝えられています。

この灘のけんか祭りはこの旧7村によって運営され、毎年、順番にまわってくる「練り番」に当たる地区が、神社神輿を担ぎます。

2018年 灘のけんか祭りの日程・開催時間など

今年の灘のけんか祭りは、10/14(日),10/15(月)の2日間行われます。

お祭りの簡単な情報をまとめました。

灘のけんか祭り(2018年)
日程 2018年10月14日(日)~10月15日(月)
開催時間 10月14日(宵宮) 11:00~16:30
10月15日(本宮) 9:00~17:40
開催場所 兵庫県姫路市 松原八幡神社周辺
料金 無料(有料観覧席あり)
住所 兵庫県姫路市白浜町甲396
マップ
お問合せ 079-245-0413 松原八幡神社(10:00~14:00)
公式HP https://www.nadamatsuri.jp/index.html
駐車場 なし

雨天時の場合は?

14日(宵宮)は雨天決行です。お天気が不安定な場合は雨具を持って行きましょう!

15日(本宮)は天候によって、16日に順延予定です。詳細については最終決定後、こちらの公式HPで発表するそうなので、事前にチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

灘のけんか祭りのイベント情報

灘のけんか祭りが開催される2日間の中で、それぞれのイベントが開催されます。
初日は「宵宮」、2日目は「本宮」と呼びます。

松原八幡神社を中心として7つの地域(7ヶ村)がお祭りに参加します。毎年、順番にまわってくる「練り番」に当たる地区が、神社神輿を担ぎます。

2018年の練り番は「妻鹿」地区です。

各地域のエリアはこちらをご覧ください。

灘のけんか祭り町内場所
出典;https://www.nadamatsuri.jp
画像クリックで拡大

2日間それぞれのお祭りの流れを、動画ともにご紹介します。

10月14日(宵宮)

初日の宵宮では、「やっさ」とよぶ神輿型の屋台の「宮入」があります。やっさとは重さ2トンの華麗な屋台です。
朝9時頃出発(出立ち)し、7台の屋台は下記の順に宮入りし、大観衆のなか仲良く練り技を競います。

2018年の宵宮のタイムスケジュールは以下の通りです。

町名 宮到着時刻 楼門入り時刻 楼門出し時刻
東山 11:00 11:30 16:10
木場 12:00 12:40 16:20
松原 12:20 13:00 13:35
八家 12:50 13:40 16:30
妻鹿 13:20 14:10 15:20
宇佐崎 13:50 14:30 15:30
中村 14:00 14:40 15:40

10月15日(本宮)

いよいよ2日目の本宮です。今年の練り番の氏子たちは早朝に近くの海岸でみそぎ式を済ませ、その三基の神輿が御旅山(おたびやま)に渡御し、高く持ち上げてはぶつけ合い、神輿が壊れるほど激しくぶつかりあいます!

2018年の本宮のタイムスケジュールは以下の通りです。

町名 時間 イベント 場所
松 原 05:00頃 露払いの儀 神社拝殿前~御旅山練り場
妻 鹿 06:30頃 潮かきの儀 妻鹿 市川河口

町名 宮到着時刻 楼門入り時刻
東 山 09:00 09:25
木 場 09:35 10:00
松 原 09:55 10:30
八 家 10:15 10:50
宇佐崎 10:35 11:05
中 村 10:45 11:20
妻 鹿 12:00

本宮御旅山渡御神事】
区分 町名 宮練り出し時刻 御旅山下山時刻
露払い 松 原 12:10 16:15
神官渡御 12:20 16:20
神 輿 妻 鹿 12:45 16:30
屋 台 木 場 12:55 16:50
松 原 13:05 17:00
中 村 13:15 17:10
宇佐崎 13:25 17:20
東 山 13:35 17:30
八 家 13:45 17:40

スポンサーリンク

灘のけんか祭りの見どころは?

屋台

灘のけんか祭り宵宮
出典;https://www.kobe-np.co.jp

重さ2トンにも及ぶ屋台は、やっさと呼ばれ、地元工芸の粋を集めて造られた芸術品です。

60人~70人の氏子に担がれたさまは、勇壮で見事!

ここで7ヶ村の屋台が揃うのは宵宮だけです。

初日の宵宮では、朝風呂に身を清めて、まわしを締め、黒足袋の上から縄を巻いた装束の氏子たちに担がれて、各村々でのお披露目をすませ、総勢7台が松原八幡神社に集まってきます。

今年の練り番にあたる村は、本宮では神輿を担ぐので、宵宮で屋台を担ぐ手にも一段と力がこもるそうですよ!

神輿合わせ

灘のけんか祭り2
出典:https://mainichi.jp

灘のけんか祭りは全てが見どころと言いますが、なんといっても最大は、2日目の御旅山(おたびやま)の麓にある練り場での練り合わせですね!

練り番の村の氏子たちは、近くの海岸でみそぎ式(潮かき)の後、三基の神輿が御旅山に渡御し、高く持ち上げてはぶつけ合い、神輿が壊れるほど激しくぶつかり合います!

この三基の神輿とは、年齢別に、神輿と担ぎ手を「一の丸」「二の丸」「三の丸」の3つに分けられます。

「一の丸」の神輿は白鉢巻をした40代の男たち。
「二の丸」の神輿は黄鉢巻をした30代の男たち。
「三の丸」の神輿は赤鉢巻をした20代の男たち。

神輿を押し合いかち合いして、相手の神輿に乗せたほうが勝ちです!
船の側面と側面が擦り合う様子に見立てています。

神功(じんぐう)皇后が新羅(しらぎ)からの帰途、この白浜海岸で船に付いた貝をこすり落とした故事にちなみ、神輿を激しく打ち合わせるほど、神慮にかなうとされています。

神輿のまわりには竹の先に赤や黄の短冊を付けたシデが、波のように揺れ、お祭り気分を盛り上げてくれます。

灘のけんか祭りの観覧席について

灘のけんか祭り御旅山
出典;https://blogs.yahoo.co.jp

灘のけんか祭りには、残念ながら普段のお祭りのような有料観覧席が一般観光客には販売されていません。

基本的には地元の方のみ桟敷席に座ることができるようになっています。
その中でも、招待のあった方や、抽選で選ばれた方のみだそうです。

その桟敷席というのは、「御旅山の練り場」と「松原八幡神社前」に設置されており、桟敷席を利用できる地元の方々は、ベストアングルからお祭りを見ることができます。
なので一般観光客は、生で見るためには少し遠くから立ち見することになります。

灘のけんか祭りのおすすめスポットは?

では、桟敷席が利用できない方はどこから観覧するのがベストなのか、お祭りの順を追ってご紹介します。

松原八幡神社の楼門付近

ここは宵宮、本宮ともに迫力ある練り合わせが間近で見られるスポットとなっています。

一般の観光客も無料で立ち見できるスペースもそれなりにあり、神輿と屋台の練り合わせも確実に見ることができます。

ちなみに、神輿や屋台の練り合わせは、2日目の御旅山の練り場でも行われますが、広い範囲で桟敷席が占領しているので、遠景になってしまいます。

なので間近で見物するなら、神社の楼門周辺がチャンスというわけです。

松原八幡神社の境内

松原神社の境内は、宵宮、本宮共に神事が開催され、3基の神輿や7台の屋台が見られるスポットです。

さらに境内の中でも神社付近は、少し小高くなっているので視界が開けて見えやすいのでおススメです

練り合わせに加え、獅子舞等の神事の見物がするためには、宵宮の宮入りと本宮の午前中のタイミングを狙って早めに到着しておきましょう。

境内はスペースが限られているため、早めの場所取りが必要です。

御旅山山頂手前の広場

灘のけんか祭りの最大の見どころは、2日目の御旅山の麓にある練り場での練り合わせですね。

しかし残念ながら広い範囲で桟敷席が占領していて、一般見物客は立ち入り禁止だそうです。
無料の立ち見観覧エリアで見物することになりますが、かなり遠景となってしまいます。

なので無料席では、御旅山の山頂の手前にある広場まで登って見物する、というのが一番おススメになります。

とは言っても遠景ですので、双眼鏡を持参するのがベストかと思います。
山頂はのんびりとして空気もよく、格好の観覧場所ですよ。

さらにこの山頂の御旅所では、順番に山を登ってきた屋台が一旦待機して、全ての屋台が揃うまで休憩するので、屋台を間近で見学できるという穴場スポットにもなっています。

ただしかなり限られたスペースですので、早めの現地入りを目指しましょう!

特大テレビモニターの前

御旅山の桟敷席近くに、特大テレビモニターが設置されています。
地元の姫路ケーブルテレビでは、お祭り全体をカットなしでリアルタイムで放送しているので、ここならお祭りの雰囲気を味わいながら、安全、かつ無料で間近に鑑賞できるスポットになります。

安全第一ですので、お子様連れの方もよろしければ検討してみて下さい。

スポンサーリンク

灘のけんか祭りの事故って?

灘のけんか祭りは、かつては流血をみたほど荒々しいお祭りだったといいます。
しかし現代においても、過去に死亡事故が発生しています。

観光に行くにあたり、事故の危険性なども知っておいたほうが良いと思うのでご紹介します。

2001年、男性(当時57歳)が倒れてきた神輿の下敷きになって死亡。また、2009年10月14日18時頃、祭事に参加していた男性が2台の屋台の間に挟まれ、頭部を負傷し死亡した[1]。
引用;https://ja.wikipedia.org

この他にも、ニュースとして取り上げられていませんが、ケガを負ってから数日後に亡くなった方もいるそうです。

さらに倒れた神輿の下敷きになり、救急車が駆け付けるなども頻発していて、それほど荒々しく過酷なお祭りだという事がわかりますね。

このお祭りは、難航と戦の様子を色濃く残しているのが特徴で、神輿同士の喧嘩は、荒れれば荒れるほど神意に叶うとされ、これが今も続いているのです。

なのでここで灘のけんか祭りを見物するにあたって、見物する側の危険性も、よく理解していただきたいと思います。

  • 興奮のあまり神輿に近づきすぎないようにし、必ず離れた場所から観覧して下さい。
  • 警備の誘導には従って、人混みにのまれ押しつぶされないようにして注意して下さい。
  • お子様をお連れの場合は必ず手をつなぎ、人混みからじゅうぶん距離をとって下さい。

身の安全を第一に、迫力ある灘のけんか祭りを楽しみましょう!

スポンサーリンク

アクセス・駐車場について

電車の場合

松原八幡神社へのアクセス

灘のけんか祭り駅
出典;https://ja.wikipedia.org

山陽電車「白浜の宮駅」を下車後、南へ徒歩3分ほどで到着します。

この「白浜の宮駅」は、普段は各駅停車の無人駅ですが、お祭り開催中は直通特急・特急が臨時停車してくれます。

御旅山(広畠)へのアクセス

御旅山へ行くには、以下の3種類の方法があります。

①松原八幡神社より、西へ徒歩11分

②山陽電車「白浜の宮駅」下車後、西へ徒歩11分

③山陽電車「妻鹿駅」下車後、南東方向へ徒歩10分

車の場合

灘のけんか祭りでは、臨時駐車場は設けられていません。さらに、お祭り当日は会場周辺で
大規模な交通規制があるため、会場に近づくことができません。

近隣にはもともと駐車場が少ない場所で、収容台数も少ないため、確実に来場するなら公共交通機関の利用をおすすめします。

公式サイトでも「公共の交通機関をご利用をお願いします」と記載されているので、なるべく電車・バスをご利用ください。

交通規制について

灘のけんか祭り開催中の2日間、会場周辺の広い範囲で交通規制がかかります。

  • 14日 10:00~20:00(一部10:00~13:00)
  • 15日 09:00~22:00

2018年の交通規制の地図はこちらをご覧ください。

灘のけんか祭り2018交通規制
出典;https://www.nadamatsuri.jp
画像クリックで拡大

トイレの場所の記載もあるので、当日に慌てないように事前にチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

三基の神輿が壊れるほど激しくぶつかりあい、赤、青、黄のシデが波のように揺れる。

灘のけんか祭りは、海外にもその名が通った迫力満点のお祭りです!

ぜひ歩きやすい靴を履いて、楽しんで来てくださいね。