2019年 山形花笠まつり・日程や駐車場は?今年のゲストや見どころも紹介します

夏の東北を代表する大型イベント「山形花笠まつり」。紅花をあしらった笠を手にした踊り手たちのパレードは整然とした華麗さがあります。今回は、群舞の美しさを誇る「山形花笠まつり」をご紹介します。

スポンサーリンク

山形花笠まつりとは?

花笠まつり1
出典;https://www.tohokukanko.jp

北国といっても、8月初旬はまだ盛夏。毎年8月5日から7日までの3日間、山形市内の中心部は花笠一色に染められ、人々は興奮のるつぼに酔いしれます。

華やかな山車(だし)を先頭に、紅花(べにばな)をあしらった笠を手にした踊り手たちによる、大パレードが繰り広げられます。

花笠音頭に合わせ「ヤッショ、マカショ」という掛け声とともに、3日間で約1万4000人以上が踊り手として参加し、その迫力は圧巻です!

紅花を通して京文化の影響を受けた山形の踊りは、整然とした華麗さがあり、まさに群舞の美。

艶やかな衣装に身を包んだ踊り手たちの、一糸乱れず踊る集団舞踏の美しさは、このお祭りの見どころとなっています。

夏の東北を代表するお祭りの一つとして親しまれている山形花笠まつりは、毎年全国から100万人以上もの見物客が訪れ、主客一体の熱気を楽しんでいます。

山形花笠まつりの歴史

山形花笠まつりの原型は、1963年(昭和68年)に開催された「蔵王夏まつり」にあります。

蔵王の観光振興を目的としたこのお祭りは、数々のイベントか催されており、そのひとつが「花笠音頭パレード」というものでした。

それが1965年(昭和40年)以降、単独の「山形花笠まつり」として開催し、現在の形となりました。

「ヤッショ、マカショ」という花笠音頭は、明治・大正時代に、山形県の北部「尾花沢市」にある徳良湖の近くで開墾工事が行われたとき、そこに働く人たちによって歌われたものだそうです。
それに五穀豊穣を願う田植え踊りをつけたのが、この「花笠まつり」です。

2019年 山形花笠まつりの日程・開催時間など

今年の山形花笠まつりは、8/5(月),8/6(火),8/7(水)の3日間行われます。

お祭りの簡単な情報をまとめました。

山形花笠まつり(2019年)
日程 2019年8月5日(月)~8月7日(水)
開催時間 18:00~21:45頃
開催場所 山形市十日町~本町~七日町通り~文翔館前
(約1.2km直線コース)
料金 無料(有料観覧席あり)
住所 山形県山形市十日町~本町~七日町
マップ
お問合せ 023-642-8753(山形県花笠協議会)
公式HP http://www.hanagasa.jp
駐車場 あり(収容台数:約2,000台/市内の有料駐車場を利用 )

雨天時の場合は?

雨天決行です。お天気が不安定な場合は雨具を持って行きましょう!

ただし天候によっては内容の変更がありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

問い合わせTEL:023-642-8753(山形県花笠協議会)

スポンサーリンク

山形花笠まつりのイベント情報

山形花笠まつりが開催される3日間とも、同じスケジュールになります。

飛び入り参加ができるコーナーもありますので、見ていて踊りたくなってしまった方は、ぜひとも参加してみましょう!

時間 イベント 場所
18:10~21:30 花笠パレード 十日町~本町~七日町通り~文翔館前
18:10~18:30 輪踊りコーナー 市役所前(自由参加OK)
20:30~21:30 飛び入りコーナー パレードの最後尾(自由参加OK)

花笠パレードのコースマップ・通過時間

花笠パレードは、十日町~文翔館前の国道112号「約1.2km直線コース」です。

2019年の花笠パレードコースの詳細は、こちらのマップをご確認ください。

花笠まつり2019会場マップ
出典;http://www.hanagasa.jp/
画像クリックで拡大します

・先頭集団のスタート地点:東北電力前(18:10頃)

・最終集団のスタート地点:やまぎんカードサービス前交差点(20:20頃)

パレードの通過予定時間はこちらです。

先頭集団 最終集団 場所
18:10 20:40 東北電力前
18:30 21:00 七日町交差点
18:50 21:30 文翔館前

2019年 山形花笠まつりのゲストは?

山形花笠まつりでは毎年、山形にゆかりのある複数の著名人がゲストで招かれます。

2019年のゲストが発表されました。

8/5(月) 大塚文雄 民謡歌手(河北町出身)
阿部菜々実 アイドルグループ「ラストアイドル」のメンバー(山形市出身)
本間朋晃 プロレスラー(東根市出身)
池田美保 声楽家(酒田市在住)
8/6(火) 大塚文雄 民謡歌手(河北町出身)
橋本マナミ タレント(山形市出身)
ソラシド 山形住みます芸人(山形市在住)
松倉とし子 ソプラノ歌手(山形市在住)
8/7(水) 大塚文雄 民謡歌手(河北町出身)
テツandトモ お笑いコンビ(トモの石沢智幸さんは山形市出身)
朝倉さや 歌手(山形市出身)

花笠まつりゲスト2
出典;https://lineblog.me

美しい浴衣姿の橋本マナミさんは、今年で4回目のゲストですね。

花笠まつりゲスト1
出典;https://www.youtube.com

テツandトモさんは、なんと今年で7回目のゲストとなるそうです。

ゲストは山車に乗り、各団体の踊り手と一緒に観衆に笑顔を振りまいてくれます。

ぜひ当日はカメラを持って、ゲスト登場の瞬間をお楽しみください。

スポンサーリンク

山形花笠まつりの見どころは?

山形花笠まつりの見どころについてご紹介します。

まずは、山形花笠まつりの動画がありますので、こちらからチェックしてみてください。

バラエティー豊かな花笠踊り

花笠まつり2
出典;http://social.ja-kyosai.or.jp

山形花笠まつりといえば、何といっても3日間全てで行われる花笠パレードですね!

開始の合図の花火がパパーンと、威勢よく暮れ染めた大空に炸裂すると、第一団が動き出します。

先頭集団はベテランたちです。手振りも鮮やかに、模範演技を披露します。

その後は華やかな山車(だし)が、それぞれのチームの先導車となって進みます。

チームごとに揃いの衣装で、花笠を両手で高々と差し上げたり、体を左右に振りながら軽快なリズムに合わせて、一晩に約50~60チーム、約5000人が踊ります。

踊りの振り付けも、チームごとに趣向が凝らされバリエーション豊かなパレードとして人気を博しており、飽きることがありません。

例年見応えがあることで人気のチームは、トリを飾る「四方山会(よもやまかい)」と、迫力のある「自衛隊」です。

その一糸乱れず踊る姿、集団舞踏の美しさは、このお祭りの見どころとなっています!

ぜひ最後までお楽しみください。

飛び入りもできる参加型パレード

パレードを通りから見ているだけでも楽しめますが、花笠まつりをもっと堪能するなら参加してしまうのが一番。
見ているだけでは味わえない、最高の思い出になるはずです。

・輪踊りコーナー 18:10~18:30頃(市役所前にて)
・飛び入りコーナー 20:30~21:30頃(パレード最後尾)

パレード最後尾には、飛び込み参加の看板を持った人がいるので、それを目印に飛び込んで行きましょう!振りを教えてくれる先生もいます。

振り付けを覚えてから参加すると、楽しさも倍増しますね。
花笠踊りの振り付けは、コチラ(外部リンク)からご確認ください。

屋台の出る場所・日程・種類は?

花笠まつり屋台
出典;https://twitter.com

お祭りと言ったら屋台ですね!

この項では、山形花笠まつりの屋台の出店などに関して、ご紹介していきたいと思います。

屋台で美味しいものをほおばりながら、お祭り気分を楽しみましょう!

屋台が出る日程

屋台が出る日は山形花笠まつりが開催される3日間の、交通規制がかかる時間帯です。

交通規制がかかる時間帯は、

17:50~22:00頃

となっています。上記の時間内で屋台が営業されます。

屋台が出る場所

山形花笠まつりの屋台は、

・十日町~本町~七日町通り(パレードの経路沿い)
・文翔館(パレードのゴール地点)
・最上義光歴史館付近

に最も多く出店されています。

パレードの経路沿いですので、花笠踊りを見ながら屋台を楽しむことが出来ますね。

少し混雑から離れて足を休ませるなら、最上義光歴史館に行ってみるのもいいでしょう。

屋台が出る種類

山形花笠まつりの屋台の特徴は、焼きそばやかき氷などの通常のお祭りで見られる食べ物のほか、山形ならではの美味しいグルメが多く出店されます。

特に有名なのは、玉こんにゃく、牛串、どんどん焼きがおなじみの山形グルメです。

花笠まつりどんどん焼き
出典;https://cocoyumeya.com

中でも、山形県民に愛されているテイクアウトグルメの定番「どんどん焼き」は美味しいのでおすすめです。お好み焼きを割りばしに巻き付けるスタイルで、ソース味と醤油味が一般的です。

また昨年は、モンテディオ山形の応援フードで好評の「モテドッグ」(韓国のチーズハットグ)が出店されたようで、長蛇の列だったようですね。

ぜひ山形のご当地グルメを味わいながら、魅力満載な花笠まつりを楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

アクセス・駐車場について

山形花笠まつりへのアクセス方法をご紹介します。

電車の場合

JR「山形駅」下車後、パレードの中央地点まで、徒歩約17分です。

車の場合

山形道山形蔵王ICから、国道267号経由で4km(約15分)です。

駐車場について

山形花笠まつりでは、専用の臨時駐車場がありません。

なので会場周辺にある、民間の有料駐車場を利用することになります。

花笠まつり駐車場マップ
出典;http://www.nanokamachi.com
画像クリックで拡大します

※上のマップの駐車場の詳細はコチラ(外部リンク)で確認できます。

24時間営業の駐車場7選

上記でご紹介した有料駐車場の中で、24時間営業の駐車場7つご紹介いたします。

閉鎖時間を気にせずゆっくり出庫できますので、よろしければご参照ください。

① 七日町商店街駐車場(N-GATE駐車場)
会場まで 徒歩 約3分(約260m)
利用時間 24時間
住所 山形県山形市七日町1-1
マップ
収容台数 202台
料金 30分/150円
最大料金700円(入庫から12時間まで)

② 山形市立病院 済生館前駐車場
会場まで 徒歩 約5分(約350m)
利用時間 24時間
住所 山形県山形市七日町1-3-1
マップ
収容台数 435台
料金 最初の1時間300円、以降30分/100円

③ タイムズ七日町パーキングプラザ
会場まで 徒歩 約3分(約270m)
利用時間 24時間
住所 山形県山形市七日町2-7
マップ
収容台数 294台
料金 7:00~19:00 60分/200円
19:00~7:00 60分/100円
駐車後24時間 最大料金400円

④ 七日町パーキングプラザ2
会場まで 徒歩 約3分(約260m)
利用時間 24時間
住所 山形県山形市七日町2-1-17
マップ
収容台数 300台
料金 30分/160円
17:00~翌10:30まで1泊/840円

⑤ タイムズ八文字屋
会場まで 徒歩 約3分(約280m)
利用時間 24時間
住所 山形県山形市本町2-4
マップ
収容台数 100台
料金 8:00~19:00 30分/100円(最大700円)
19:00~8:00 60分/100円(最大300円)

⑥ リパーク七日町大通り
※パレード経路沿いの為、パレードが終了するまで出庫できなくなりますのでご注意ください。
会場まで 徒歩 約1分(約30m)
利用時間 24時間
住所 山形県山形市本町1-7-33
マップ
収容台数 29台
料金 8:00~20:00 30分/150円
20:00~8:00 120分/100円
(8:00~18:00 最大料金700円)

⑦ 山形県JAビル駐車場
会場まで 徒歩 約6分(約500m)
利用時間 24時間
住所 山形県山形市七日町3-1-11
マップ
収容台数 50台
料金 最初の1時間250円、以降30分/100円

交通規制について

山形花笠まつり開催期間中は、パレードの経路沿いの国道112号線に交通規制がかかります。

規制時間は17:50~22:00です。
また一部区間では16:00~22:00となっています。

交通規制図はこちらをご覧ください。

花笠まつり2019交通規制
出典;http://www.mountain-j.com
画像クリックで拡大します

こちらのPDFでもご覧になれます。

規制のかかる範囲は狭いと感じますが、その周辺は一方通行が多いので注意が必要です。

マイカーで訪れる予定の方は、規制時間よりも早めに到着することをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

山形美人とかわいい子供たち、そして勇壮な男たちの踊り。

ヤッショ―マカショの大合唱で、主客一体となれる、山形の夏祭りです。

ぜひ、楽しんで来てくださいね。