カフェオレとカフェラテの3つの違いを解説!ラテアートの作り方も紹介!

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いは何かな?

カフェに行くと似たようなメニューがいっぱいあって迷いますよね。

あとカプチーノ?カフェモカ?の違いも・・・。

実は、コーヒーの抽出方法やミルクとの配合が違うのです。

今回は「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いや、レシピなども交えてご紹介します。

ぜひ、あなたの好みのコーヒーを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

「カフェオレ」と「カフェラテ」3つの違いとは?

カフェラテ1

カフェオレとカフェラテの違いは何でしょうか?

どちらもコーヒーにミルクを入れた飲み物ですよね。

そう。実はどちらも「コーヒーとミルク」という同じ意味なのです。

ただし、コーヒーの抽出方法やコーヒーとミルクの割合が違います

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違う点は以下の3つです。

  1. 国が違うから言語が違う
  2. コーヒーの抽出方法が違う
  3. コーヒーとミルクの割合が違う

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いを解説します。

①言語が違う

カフェオレ

「カフェ・オ・レ」は、フランス語です。

カフェ(コーヒー)オ(前置詞)レ(牛乳)いう意味の訳です。

フランスでは、カフェオレは家庭の飲み物であり、お店では「カフェクレーム」という名前で注文します。

カフェラテ

「カフェ・ラテ」は、イタリア語です。

カフェ(コーヒー)ラッテ(牛乳)という意味の訳です。

ただし、カフェラテという言葉自体はアメリカで用いられている造語です。

本場イタリアでは「カフェ・コン・ラッテ」といい、イタリアのお店では「カフェ・コン・ラッテ」という名前で注文することになります。

②コーヒーの抽出方法が違う

カフェオレ

カフェオレは「ドリップ抽出」という方法で淹れたコーヒーに、ミルクを足して作ります。

ドリップ抽出とは、紙フィルターにコーヒーの粉末を入れ、上からお湯をゆっくり注ぐ方法です。

カフェラテ

カフェラテは、「エスプレッソ抽出」という方法で淹れたコーヒーに、ミルクを足して作ります。

エスプレッソ抽出とは、専用のマシンでコーヒーの粉に圧力をかけて短時間で抽出する方法です。

ドリップ抽出よりも、濃く、苦く、旨みが凝縮して抽出されます。

③コーヒーとミルクの割合が違う

カフェオレ

カフェオレのコーヒーとミルクの割合は「5:5」です。

それぞれ同量ですが、苦味よりミルクの甘みを感じられる、すっきりとした味わいです。

カフェラテ

カフェラテのコーヒーとミルクの割合は「2:8」です。

コーヒーが「2」であっても、エスプレッソ抽出によってかなり濃縮されたコーヒーなので、ミルクを「8」入れることで、バランスよく美味しい飲み物になります。

蒸気で温めたミルクを注いでいるので、上部には1cm未満の泡立ちがあります。

スポンサーリンク

「カプチーノ」と「カフェモカ」の違いは?

似ている「カプチーノ」や「カフェモカ」。

こちらも気になりますね。

この2つは、カフェラテと同じで「エスプレッソ抽出」で作られています。

それぞれの特徴や違いをご紹介します。

カプチーノとは?

カプチーノ

カプチーノの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 言語はイタリア語(カフェラテと同じ)
  • エスプレッソ抽出(カフェラテと同じ)
  • 泡立てたミルクを使用している
  • 泡が一番多い
  • ビターな味わい

カプチーノは、カフェラテと同じく「イタリア語」です。

カトリック教会のカプチン会の修道士が着ている、フードつきの修道服「カップッチョ」からきている説があります。

作り方はカフェラテと同じく、エスプレッソ抽出されたコーヒーに、ミルクを足して作ります。

ただし、カフェラテとの違いはミルクにあります。

それは、蒸気で温めて泡立てたミルクを使用している、ということです。

割合は、コーヒー「1」:ミルク「1」:泡立てたミルク「1」です。

ちなみにカフェラテも泡がありますが、蒸気で温めた際にできる自然な泡です。

カプチーノの泡はしっかり泡立てて作られており、より泡が多いのです。

味はというと、ミルクの泡が多いため、ミルクそのものの割合がさほど多くなく、カフェラテに比べると、コーヒー味が濃厚でビターな味わいです。

スポンサーリンク

カフェモカとは?

カフェモカ

カフェモカの特徴をまとめると以下の通りです。

  • アメリカ発祥
  • エスプレッソ抽出(カフェラテと同じ)
  • ミルクは蒸気で温める(カフェラテと同じ)
  • チョコレートシロップを加えている
  • 甘くてスイーツ感覚

カフェモカは、エスプレッソ抽出したコーヒーにチョコレートシロップを加えた、アメリカ発祥の飲み物です。

ミルクは蒸気で温めているので、自然な泡立ちがあります。

そこにチョコレートシロップを加えて作ります。

ほろ苦いカフェラテに、チョコレートシロップを加えられていることで絶妙な甘みが出て、風味も違います。

スターバックスでは、ホイップクリームがのせられていますね!

カフェラテなどのコーヒーにちょっと飽きてしまったり、ちょっと甘いもので休憩したいときなどに、おすすめの飲み物です。

スポンサーリンク

「カフェオレ」と「カフェラテ」のカロリーは?

体重計ダイエット

カフェオレとカフェラテのカロリーは以下の通りです。

ホット(砂糖なし)180ml のカロリー
  • カフェオレ・・・70kcal
  • カフェラテ・・・100kcal
  • カプチーノ・・・100kcal
  • カフェモカ・・・193kcal

ミルクの割合が多いほうが、カロリーが高くなります。

一番高カロリーなのは、チョコレートシロップが加えられている「カフェモカ」ですね。

これらのコーヒーに砂糖を加えると、さらにカロリーがアップします。

ちなみに角砂糖1個(5g)は、19kcalです。

スポンサーリンク

「カフェオレ」と「カフェラテ」のカフェイン含有量は?

朝のコーヒー

カフェオレとカフェラテのカフェイン含有量も調べてみました。

180ml のカフェイン含有量
  • カフェオレ・・・90mg
  • カフェラテ・・・54mg
  • カプチーノ・・・54mg
  • カフェモカ・・・80mg

カフェオレが一番カフェインが多いですね!

朝の目覚ましや、シャキっと気合を入れたい時などにピッタリですね!

意外かもしれませんが、ドリップ抽出より、濃くて苦いエスプレッソ抽出のほうが、カフェインが少ないです。

なぜならエスプレッソは、短時間で抽出させるため、カフェインの溶け込みが少なくなるためです。

ですので、午後からのリラックスタイムなどには、カフェラテやカプーチノをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

ちなみにカフェモカは、チョコレートシロップにもカフェインが含まれています。

スポンサーリンク

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ・カフェモカの選び方

スターバックス

カフェに行ったら、その日の気分にぴったり合うメニューをオーダーしたいですね。

4つの種類の特徴から、目的に合う飲み物をリストアップしました。

  • カロリーが低い:カフェオレ
  • カフェインが少ない:カフェラテ・カプチーノ
  • すっきり飲みたい:カフェオレ
  • 濃厚でバランスの良い味:カフェラテ
  • ビターな味わい:カプチーノ
  • ふわふわな泡を楽しみたい:カプチーノ
  • 甘いコーヒーが飲みたい:カフェモカ
  • インスタ映え:カフェラテ(ラテアート)・カフェモカ

その日の気分、体調、時間帯などに合わせて選んでみるのも、コーヒーの楽しみ方のひとつですね!

お店によっては、違う名前で提供されている場合があります。

スターバックスの場合は、以下の名前です。

  • カフェオレ=「カフェミスト」
  • カフェラテ=「スターバックスラテ 」
  • カプチーノ=同じ
  • カフェモカ=同じ
スポンサーリンク

「カフェオレ」と「カフェラテ」の作り方とレシピ紹介!

自宅で、おいしいカフェオレ・カフェラテを作りましょう!

作り方をご紹介します。

「カフェオレ」の作り方とレシピ

カフェオレ

カフェオレは、ドリップコーヒーと牛乳で作ります。

道具は、専用のドリップセットが必要です。

ドリップセットとは?

簡単に言うと、コーヒーのろ過器です。

ドリッパーコーヒーサーバーと呼ばれるドリップセットを使用します。

またペーパーフィルターも使用します。
コーヒーをろ過する使い捨ての紙のことです。

安いものだと100円ショップでも購入できます。

準備するもの(1人前 240ml)

  • レギュラーコーヒー:15g
  • お湯:150ml
  • 牛乳:120ml
  • コーヒードリップセット:1セット
  • ペーパーフィルター:1枚

カフェオレの作り方

  1. 牛乳120mlを温めます。
  2. コーヒードリップにペーパーフィルターをセットします。
  3. フィルターの中に、コーヒー粉末15g入れます。
  4. 沸騰したお湯150mlを少しずつ注ぎ、抽出されるまで待ちます。
  5. マグカップに抽出されたコーヒーを入れ、温めた牛乳も入れて、完成です。
スポンサーリンク

泡がふわふわな「カフェラテ」の作り方

カフェラテ2

本格的なエスプレッソマシンがなくても、ふわふわカフェラテが簡単に作れますよ!

自宅でもできるように、エスプレッソではなく、ドリップコーヒーで美味しいカフェラテを作るレシピをご紹介します。

必要な道具は、「ミルクフォーマー」という電動の小型泡立て器です。

100円ショップでも購入できますので、ぜひ用意して下さい。

準備するもの

  • レギュラーコーヒー(中挽き):10g
  • お湯:100ml
  • 牛乳:100ml
  • コーヒードリップセット:1セット
  • ペーパーフィルター:1枚
  • ミルクフォーマー:1台

カフェラテの作り方

  1. 牛乳100mlを温めます。
  2. コーヒードリップにペーパーフィルターをセットします。
  3. フィルターの中に、コーヒー粉末10g入れます。
  4. 沸騰したお湯100mlを少しずつ注ぎ、抽出されるまで待ちます。
  5. マグカップに抽出されたコーヒーを入れます。
  6. 温めた牛乳をミルクフォーマーで約1分泡立てます。
  7. スプーンで泡をせき止めながら、マグカップにミルクを注いでいきます。
  8. 最後に泡をのせて、完成です!
スポンサーリンク

「カフェラテアート」の作り方

ラテアート

お家で簡単にできるカフェラテアートの作り方をご紹介します。

「カフェラテアート」とは、カフェラテに描かれた泡のアートのことです。

カフェで出てくると、つい写真におさめたくなるような、可愛いものばかりです。

よく見られるデザインが、ハート・リーフ(葉っぱ)・クマの顔ですね!

ほかにもバリエーションは豊富にあります。

クマのラテアートの作り方

クマのラテアート1

出典;https://youtu.be

準備するもの

  • コーヒー:50ml
  • 温めた牛乳:150ml
  • ミルクフォーマー:1台
  • 爪楊枝:1本
  • 小さめのスプーン:1本

作り方

クマのラテアートの動画はこちらからご覧ください。

ラテアート クマ 作り方 latteart カプチーノ

上の動画をもとに、段階的に解説していきます。

クマのラテアート2

出典;https://youtu.be

①コーヒー50mlをカップに注いでおきます。

 

クマのラテアート3

出典;https://youtu.be

②温めた牛乳150mlをミルクフォーマーで泡立て、傾けたカップにコーヒーと混ざるように勢いよく注ぎます。

泡は入れずに残しておきましょう。

 

クマのラテアート4

出典;https://youtu.be

③ここから、泡を2回に分けて注いでアートを作っていきます。

1回目は中央から泡を注ぎます。(クマの輪郭)

コツ! カップを持つ手は、泡を注ぐと同時に水平に戻す感覚です。

 

クマのラテアート5

出典;https://youtu.be

④2回目は円の端から、勢いよく泡を注ぎます。(クマの口元)

コツ! カップを持つ手は完全に水平にします。

 

クマのラテアート6

出典;https://youtu.be

⑤白い泡を置き、耳を描きます。

 

クマのラテアート7

出典;https://youtu.be

⑥爪楊枝でまわりから茶色の泡を取り、耳の穴・鼻・口・目を描きます。

 

クマのラテアート1

出典;https://youtu.be

⑦左に丸い泡を3つのせて、爪楊枝で上から下にひくと、ハートの出来上がりです。

 

リーフ(葉っぱ)とハートのラテアートの作り方もあります。

こちらの動画をご覧ください。

初心者必見!基本的なラテアートの作り方

リーフは1:50~、ハートは2:14~、ラテアートが始まります。

スポンサーリンク

おわりに

材料はコーヒーと牛乳だけなのに、淹れ方や割合いの違いで、こんなにも別の飲み物になるなんて奥が深いですね。

初心者でもできる簡単なラテアートも、ぜひお家でのリラックスタイムに、ゆっくり楽しんでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました