2018年 石岡のお祭り・日程と開催時間は?駐車場と交通規制・GPSについても紹介

毎年40万人以上が訪れる関東三大祭りのひとつ「石岡のおまつり」。昨年からGPSサービスが導入され便利になりましたね!日程や駐車場、屋台情報などについても見ていきましょう。

スポンサーリンク

石岡のお祭りとは?

石岡のお祭り1
引用;http://www.city.ishioka.lg.jp

石岡のお祭りは常陸国総社宮のお祭りです。大神輿や豪華な山車や幌獅子が人気で、毎年40万人以上が訪れ、たくさんの人々を魅了しています。

毎年交代で代表となる町は「年番町」と呼びます。

2018年の年番町「幸町」です。

その年番町の仮殿(おかりや)にご神体が渡御するのが「神幸祭」。
総社宮本殿で執り行われるのが「例大祭」。
年番町仮殿に還御するのが「還幸祭」です。

獅子が舞い、ひょっとこが踊り、神輿と山車が繰り出す、関東三大祭りの一つとされる勇壮なお祭りです。

昨年からGPSサービスが導入され便利になりましたね!

石岡のお祭りの歴史

「石岡のおまつり」は正式には「常陸國總社宮例大祭」といい、創建千年を誇る古社・常陸國總社宮の最も重要なおまつりです。

例大祭は近世以降に様々な要素が加わり、今日まで発展してきました。延享年間(1744~47)に奉納相撲が始まり、地域経済が急速に繁栄した明治時代前半に、豪華な出し物が街なかを練り歩く、現在の基礎が固まりました。
引用;http://www.city.ishioka.lg.jp

石岡市は、茨城県が「常陸の国(ひたちのくに)」と呼ばれていた頃の中心地だったそうです。

その繁栄は今も、国分寺や国分尼寺跡、総社宮でうかがうことができますよ。

2018年 石岡のお祭りの日程・開催時間など

今年の石岡のお祭りは、09/15(土),09/16(日),09/17(月)の3日間行われます。

お祭りの簡単な情報をまとめました。

石岡のお祭り(2018年)
日程 2018年9月15日(土)~9月17日(月)
イベント
  • 9月15日(土) 神幸祭
  • 9月16日(日) 奉祝祭
  • 9月17日(月) 還幸祭
開催場所 石岡駅前中心市街地、常陸国総社宮
料金 無料
住所 茨城県石岡市総社2丁目8−1(常陸国総社宮)
マップ
お問合せ 0299-43-1111 (石岡市観光課)
石岡市公式HP http://www.city.ishioka.lg.jp
駐車場 収容台数:約2000台(無料)

雨天時の場合は?

雨まつりという異名をもつほど、雨に見舞われやすい石岡のお祭りですが、雨天決行です。
台風でも決行した前例がありますので、お天気が不安定な場合は、雨具を持って行きましょう。

ちなみに石岡のお祭りが中止になったのはたった1度だけ、日露戦争の時だけだそうです。
太平洋戦争の真っ最中でもお祭りが行われていたそうですので、雨が降ったくらいでは中止にならないのがわかりますね。

しかし台風のあった年は、奉納相撲は安全などを考え、相撲は中止になり神事のみ行うなど、予定の変更もありました。参加者や観客の安全を第一に考慮しながら判断していくそうです。
当日は晴れるといいですね。

スポンサーリンク

石岡のお祭りのイベント情報・巡行ルート

石岡のお祭りが開催される3日間の中で、それぞれのイベントが開催されます。
神輿や行列の巡行ルートについても併せてご紹介します。

9月15日(土)神幸祭

石岡のお祭り1日目
出典;http://www.ishioka-kankou.com
画像クリックで拡大

総社宮の御神体が神輿にて年番町の御仮殿へ渡御するお祭りです。渡御中は、大神輿が見れるだけでなく、各町内から繰り出す獅子舞い・山車・供奉行列がお囃子に合わせて進む大行列が見られます。

時間 イベント 場所
10:00~ 例祭・奉納神楽 常陸国総社宮
全町を代表し、土橋町と富田町による獅子舞やささらの奉納が行われます。
13:45~ 幌獅子總揃え 石岡小学校
30数台にも及ぶ幌獅子が一同に集結します。
14:00~16:00 大神輿渡御・供奉行列 常陸国総社宮→仮殿
花火を合図に、常陸国総社宮から年番町の御仮殿へ大神輿が出御します。さらに全町から繰り出す2千人を超える獅子と山車の供奉行列とともに年番町の仮殿へ向かいます。
18:00~ 獅子・山車の協演 石岡駅前・御幸通り交差点

9月16日(日)奉祝祭

石岡のお祭り2日目
出典;http://www.ishioka-kankou.com
画像クリックで拡大

午前中から様々行事が行われます。

時間 イベント 場所
10:30~12:00 奉納相撲 常陸国総社宮
境内の土俵で、茨城県高等学校相撲選手権大会が開催されます。
13:00~15:00 浦安の舞・染谷十二座神楽 常陸国総社宮
指定無形文化財となっている「染谷十二座神楽」や巫女舞が奉納されます。
13:00~19:00 明神神輿渡御 常陸国総社宮~市中~常陸国総社宮
明神神輿が、各町の会所に挨拶回りとして歩き回ります。
15:00~ 幌獅子大行列 常陸国総社宮
明神神輿と幌獅子が合流して、石岡駅から大行列で歩きます。
18:45~ 山車大行列 常陸国総社宮
各町の山車が御幸通りに集まり、パレードが行われます。
20:30~ 年番町安全祈願祭・巫女舞・餅撒き 御仮殿
巫女舞が行われ、年番町の安全を願って紅白の餅が撒かれます。

9月17日(月・祝)還幸祭

石岡のお祭り3日目
出典;http://www.ishioka-kankou.com
画像クリックで拡大

年番町御仮殿より大神輿が出発し、神幸祭と同じ供奉行列にて本殿へ還御します。お神輿が常陸国総社宮に戻り、来年の年番となる町内に引継ぎが行われます。夕方にはお祭りの終演として各町内の獅子や山車が再度競演を行います。

時間 イベント 場所
14:00~16:00 供奉行列 仮殿~常陸国総社宮
御仮殿から大神輿が出発し、1日目の神幸祭と同じ供奉行列で常陸国総社宮まで還御します。
16:00~ 大神輿還御 常陸国総社宮
来年の年番町の引き継ぎ式が行われ、氏子会から功労者が表彰されます。
18:00~20:00 獅子・山車の協演 御幸通り
お祭りの終演として各町内の獅子や山車が再度競演を行います。

石岡のお祭りの見どころ

幌獅子
引用;石岡めぐり

このお祭りの見どころは、やはり初日に行われる幌獅子大行列ですね。

幌獅子の後ろに山車と囃子衆を連れての大パレードは見応え抜群です。

幌獅子は、16反もの布で幌をかけた獅子小屋というものを作って、その先に獅子頭をつけています。

獅子頭はとっても大きくて、幅は60センチ、重さはなんと20キロもあり、これを一人でかぶって、舞いながらお囃子に合わせて進むのです。

地元の人々はこれを「じゃらもこじゃん」と言って親しまれていますが、これが町に32匹も出てくるわけです。

ちなみにこの獅子、子どもの頭を噛んでもらうと「健康で賢い子に育つ」と、言い伝えられています。
ですので、近づいて行って頭を噛んでもらおうとする親子がたくさんいるのですが、

しかしこの巨大な顔の獅子ですから、怖がってしまったり逃げてしまう子ども達が続出ですw

そもそもこの獅子頭は、悪霊を嚙みしだき、悪疫を退散させる気性の荒い神様として祀られているものですから、国の安泰と戦勝を祈願する武将たちにはちょうど良かったのかもしれませんね。

盛大なお祭りは夜まで続きますが、夜には山車がライトアップされるので、その美しさは昼には味わえない魅力があります。

GPSサービスで、見たい山車や獅子に会える!

2017年から、山車や幌獅子の今いる場所が、 GPSを使ってスマホでリアルタイムに表示できるようになりました。

さらに駐車場トイレの場所案内所見どころ情報も表示されるようです。

これなら見たい山車もすぐに分かりますし、トイレも探し回らずに済むので、お祭りを余すことなく十分に堪能できますね!

山車・獅子位置情報配信システムはこちら

9月15日(土)~9月17日(月・祝日)の8:00~21:30 に使用できます。

スポンサーリンク

石岡のお祭りの屋台の出る場所

お祭りと言えば屋台ですね!石岡のお祭りでは、石岡駅周辺と、香丸通りと中町通りに屋台が多く出店されます。

石岡のおまつり屋台の場所
画像クリックで拡大

丸で囲んだ場所が多く出店される場所です。

駅周辺もお祭り気分を味わえますが、屋台を楽しむなら、出店数が圧倒的に多い香丸通りと中町通りに行ってみましょう!

スポンサーリンク

アクセス・駐車場について

電車の場合

JR常磐線「石岡駅」西口で下車して下さい。下車後すぐお祭り会場ですので、ぜひゆっくり歩きながらお祭りを楽しんで下さい。
常陸国総社宮までは徒歩16分ほどです。

車の場合

常磐道・千代田石岡ICから国道6号経由で5km(約10分)です。
または常磐道・石岡小美玉スマートICから国道6号経由で5km(約10分)です。

3日間、石岡駅西口側の広い範囲で13:00~交通規制が行われるため、混雑がさらに激しくなります。
車で来場する場合は、当日は午前中早い時間帯に現地まで来られることをオススメします。

おすすめ駐車場3選

石岡のお祭り開催期間、広い範囲に臨時駐車場を用意してくれています。

前途で紹介したGPSサービスを使えば、駐車場の場所や、そこは満車なのか空車なのかも表示されるようになっています。

交通規制もかかりますので、安全かつスムーズに入庫するためにぜひGPSサービスを利用しましょう。

では、収容数が多く、駅周辺または常陸国総社宮から近い臨時駐車場3つ を紹介します。

1. 石岡市役所
会場まで 徒歩28分(常陸国総社宮)・徒歩10分(石岡駅)
住所 茨城県石岡市石岡1丁目1
マップ
収容台数 普通車:260台
料金 無料

2. スポーツプラザ山新石岡
会場まで 徒歩18分(常陸国総社宮)・徒歩6分(石岡駅)
住所 茨城県石岡市石岡2丁目21−2
マップ
収容台数 普通車:200台
料金 無料

3. 石岡イベント広場
会場まで 徒歩18分(常陸国総社宮)・徒歩12分(石岡駅)
住所 茨城県石岡市若宮3丁目1−1
マップ
収容台数 普通車:800台
料金 無料

常陸国総社宮の参拝者用の駐車場も利用可能ですが、満車になりやすいです。

臨時駐車場以外にも、コインパーキングも周辺に存在しますが、交通規制により毎年かなり混雑するので注意して下さい。

交通規制について

石岡のお祭りが開催される3日間、13:00~21:00まで広い範囲で交通規制があります。

石岡駅の西口から、常陸国総社宮までの間の一帯となっています。
駐車場を利用する際は午前中までに入場し、午後からは規制区間に近寄らないようにしましょう。

2018年の交通規制はこちらをご覧ください。

石岡のお祭り交通規制2018
出典;https://www.city.ishioka.lg.jp
画像クリックで拡大

こちらのPDFでも確認できます。

トイレや授乳室などの情報も記載されているので、当日に慌てないように確認しておきましょう。

GPSサービスを利用すれば、現在地からトイレや授乳室、休憩所などの場所も表示されるので、便利ですね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

石岡のお祭りは雨天決行のイベントですので、雨具も用意して是非足を運んでみて下さいね!